子育て情報『【医師監修】新生児が母乳をうまく飲めない!赤ちゃんが母乳を飲まない原因や対策を解説』

【医師監修】新生児が母乳をうまく飲めない!赤ちゃんが母乳を飲まない原因や対策を解説


赤ちゃんが母乳を飲まない原因は?

【医師監修】新生児が母乳をうまく飲めない!赤ちゃんが母乳を飲まない原因や対策を解説の画像

出典 : Upload By コノビー編集部


不安感がある可能性

生後1ヶ月を過ぎるくらいから、赤ちゃんは泣いているにも関わらず、母乳を飲まないことがでてきます。

これは、泣いている原因が空腹でないことにあります。

赤ちゃんには原始反射というものがあって、口の周りに物があると吸い付く習性があります。

しかし、これが母親が戸惑ってしまう最大の原因です。

授乳し始めてすぐに乳首を離して泣いてくるときは、始めは単に原始反射で吸い付いただけであって、泣いている原因が不安感(抱っこ欲)から来ていると理解すべきです。

手足をフリーにさせずにしっかりと抱いて安心させてあげることが必要となってきます。

手足をフリーにさせたまま抱っこしていると、不安感は解消されず、反り返って大泣きするので母親は余計に心配になってしまいます。

また、これまでは母乳を飲んでいだ赤ちゃんが、急に飲まなくなってしまう事を 「哺乳拒否(ナーシングストライキ)」と呼ぶこともありますが、これは10ヶ月以後に起こる現象で離乳期が近づいている証拠です。

新生児期や乳児期早期に飲んでくれないのとは意味が異なるので、言葉を使い分けましょう。


母乳の出る勢いが強すぎる可能性

母親の母乳の分泌量や、赤ちゃんの吸う量は、それぞれ個人差があります。

赤ちゃんが母乳を飲んでいる途中にむせたり、嫌がる様子が見られる場合は、母乳の出る勢いが強いという可能性もあります。

少し、搾乳したあとに授乳させてあげましょう。


乳頭混乱を起こしている可能性

乳房からの授乳と、哺乳瓶での授乳をどちらも行っている場合に起こります。

感触や匂い、吸う時に必要な力などが異なるので混乱してしまい、どちらかを拒否することがあります。


赤ちゃんが母乳を飲まないときの原因別の対応

【医師監修】新生児が母乳をうまく飲めない!赤ちゃんが母乳を飲まない原因や対策を解説の画像

出典 : Upload By コノビー編集部


不安感で泣いているときは

赤ちゃんの身体の様子に異常がないかよく確認したうえで、いつも以上にスキンシップをとったりしながら、様子を見ることが必要です。

本当に空腹の時は飲んでくれるはずです。

母親が不安になりすぎてしまっている場合は、安心して眠っている時に授乳してあげると、原始反射で吸ってくれるので、母親の精神安定にはなります。


母乳の勢いが要因と思われるときは

赤ちゃんの口から乳首を離した時、母乳が勢いよく出ている様子なら、おさまるまでタオル等で受けてから、再び授乳してみます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.