子育て情報『母の奇策!遊びの「見える化」が、春休みの我が家にもたらした変化とは?』

母の奇策!遊びの「見える化」が、春休みの我が家にもたらした変化とは?


今年もシーズン到来

子どもの頃、指折り数えてその始まりをワクワク待っていたモノ。

親になったら「うわー、もう?」と溜め息をついちゃうアレ。

そう、「長期休み」である。

夏休み、冬休み、春休み。

子どもの頃はなぜ秋休みがないのかと恨めしく思ったものだが、今なら「秋休み?冗談じゃないぜ」と感じてしまう。

一方で長期休みならではの旅行や、時間を気にしない長時間の外遊びは魅力的だけれども、今はそれらのお楽しみさえ難しいご時世である。

ステイホームの長期休み。

これほど幼い子のいる家庭になじまないものがあるだろうか。

そんなわけで、家での充実した生活を目指して、あれこれ身の回りを見直した結果、我が家で功を奏したことが1つある。

母の奇策!遊びの「見える化」が、春休みの我が家にもたらした変化とは?の画像

出典 : Upload By 獅子えもん


「何して遊ぶ?」の無限ループ

ある日のこと。

私が、アレコレどこからともなく湧き出て来る家事を片付けていると、6歳の長男がスススーと横にやって来た。

「おかあさん、あーそーぼっ」とな。

初っ端から無下に断るのも申し訳ないので「えっと、何で遊びたいの?」と聞けば、「オモチャ、ここにある、なにかで」と息子氏。

日々繰り返されるかなりざっくりめのリクエストに、思わず「ここではない、どこかに」行きたくなった私。

ははは……、乾いた笑いが止まらない。

とはいえここは、どうにか息子の気持ちにも応えたい。

「じゃあブロックやる?」「さっき1人でやったー」

「それならトランプは?」「うーん、あんまり……」

「国旗カルタやろうか!」「そんなの持ってないよ」

いや、あるって。あるよ。買ったよ。

カードゲーム類の入ってる箱の底からそれを掘り出して、息子に差し出すと、あ〜これね!と言う顔をする。

そして、悪くないだろう、とばかりカルタの絵札を並べ始める息子。

ふと部屋を見回すと、確かに毎日のように遊ぶオモチャは目につくものの、たまにしか遊ばないものは目に入らない。

子ども達と私では身長差もあるので、尚更違う景色を見ているのかもしれない。

そこで一念発起した私は、我が家にあるオモチャを一覧表に書き出してみることにした。
母の奇策!遊びの「見える化」が、春休みの我が家にもたらした変化とは?の画像

出典 : Upload By 獅子えもん


遊びを「見える化」!

まず手始めに、アイデアごとで箇条書きにしてみる。

その後、それらの遊びを「1人で遊ぶ」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.