子育て情報『「ウソでしょ…」8本目の歯が抜けたとき、双子が初めて知った”真実”』

「ウソでしょ…」8本目の歯が抜けたとき、双子が初めて知った”真実”


「歯が抜ける」は大事件!

我が家には8歳になる男女の双子がいます。

先日、息子の8本目の歯が抜ました。

あまりにあっという間に抜けた8本目の歯でしたが、初めての1本が抜けるまでは大騒ぎでした。

思い返すと、双子たちの乳歯が抜け始めたのは、少し遅めで小学校1年生になってから。

保育園では、早い子は年中さんの終わり頃から歯が抜ける子が現れ、クラスの子どもたちにとって「歯が抜ける」というのは、一種のステータスのようになっていました。

お友達の歯が抜ると、その日の帰り道は「◯◯ちゃん、今日歯が抜けたんだよ!」と延々とおしゃべりするぐらいの大事件。

そして、だんだんとクラスの中で歯が抜けた子が増えてくると

「自分はいつ抜けるんだろう…?」

というのが双子たちのもっぱらの関心事になっていきました。

「いつか抜けるよ」
「もうそろそろ抜けるよ」

そんな話をしていましたが、双子たちの歯が抜けそうな気配は一向に訪れず

「まだかまだか?もしかしたら自分の歯も揺れているのでは?」

と、双子たちは気がつくと鏡を見ては、歯がグラグラしていないかの確認をしていました。

しかし結局、歯が抜けるチャンスが訪れることなく、双子たちは卒園の日を迎えたのでした。

「ウソでしょ…」8本目の歯が抜けたとき、双子が初めて知った”真実”の画像

出典 : Upload By おぎ


ついに来た!そのとき!

その後小学校に入学し、その年の夏休み目前のこと。

娘の歯がグラグラしはじめたのです。

ついに来たこのとき!

小さい頃から、娘の方がなんでも先に起こることが多かった我が家の双子たち。

今回も先を越された息子は、羨望の眼差しで娘を見ていました。

しかし、いざグラグラしだすと、思うように簡単には抜けない小さい歯。

あんなに歯が抜けることを楽しみにしていた双子たちでしたが、娘は毎日不安そうに鏡を見つめ、その様子を隣からのぞき込む息子がいました。

歯がグラグラしているのになかなか抜けず、どうして良いか分からない……というあの感覚。

私も幼い頃、鏡をのぞいて歯を揺らしながら、不安で泣いていたことを思い出しました。

当時、私の母は「糸をくくりつけて引っ張ったら?」なんて軽い言葉で、恐ろしい提案をしてきたので、私はさらに泣いたことを覚えています。今になってみると、長いこと鏡の前で泣いている娘を見て

「泣いていないで、ピッと引っ張ってしまえばすぐに抜けるのに……」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.