子育て情報『入園してくれたらラクになる!…私はなぜそんな夢をみていたのだろう。』

入園してくれたらラクになる!…私はなぜそんな夢をみていたのだろう。


春になったら

小さな子が自宅の外の世界を歩く楽しさを知った日、野に咲くタンポポの綿毛を空に飛ばし、三輪車で草原を駆け抜け、土の温かさを手で体感した時。

そのどれもが全て楽しくて新鮮で皆、夢中になる。

ずっとお外で遊びたい。

あの遠くに見える公園にも行ってみよう。

とても素敵な事だと思う。

人生に2度は来ない、全てが新鮮に目に映るまぶしい季節。

しかし親は困る。

長男は「そんなに外がいいならお外で暮してはくれまいか」と真顔で懇願したくなる位お外が好きな子だった。

お外に行くのは朝ごはんを食べて、ママが家の中を掃除してお皿を洗ってからねとか、そんな母親の言葉なんか一切聞かず、玄関で勝手に靴を履き、当時の住まいは昭和の香りのする玄関扉のある、古い集合住宅だったのだけれど、そこの重たいスチール製のドアを

「イッテキマシ!」

元気よく体当たりで開けてパジャマのまま勝手に出かけようとする子だった。

3歳前後の子どもが1人でパジャマ姿で近所を徘徊、事件です。

流石に3歳児を1人で外に出す訳にはいかない。

私は慌てて洗濯物も掃除も全部放り出して、抱っこ紐に長男とは3つ違いの妹を放り込み、長男の背中を追いかける羽目になった。

お昼にご飯を理由に一度家に戻る事ができても、それが終るとまた午後の部。

3歳位になると、お昼寝というインターバルを必要としなくなる子も多い。

お外の太陽の輝きは子どもの頬のつやつやした産毛をまぶしく照らすが、同時に過剰な紫外線は中年にとっては疲れのもと。

つい最近世界に出現したフレッシュな命と、もうだいぶクタクタしてきた成人、疲労回復のスピードが全然違う。当時33歳の私は完全に幼児の体力に負けていた。

そうして午後もまた長男に付き従い夕方までを外で過ごし、説得に説得を重ねて帰宅した自宅には長男が洗濯機の前に脱ぎ捨てたパジャマのズボンが朝脱いだそのままの形状を保って放置されていた。

大体毎日こんな感じ。

だから、幼稚園に入園して本格的に通園が始まった頃、長男がイヤイヤ、ママがいい、バス乗らないと言いながらもそれをおだててすかして赤いマイクロバスに押し込み

「バイバーイいってらっしゃーい」

笑顔で幼稚園バスに手を振る事ができるようになった長男3歳の春は感無量だった。これで、長男はあの底なしのお外への情熱と、桁外れの体力は幼稚園のお友達と園庭で、そしてお教室で発散してきてくれるだろうと、そう思っていた。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.