子育て情報『洗い物もゴミ出しもしなかった夫。今ではこんなに助けてくれる。』

洗い物もゴミ出しもしなかった夫。今ではこんなに助けてくれる。

今や、すっかり我が家の主戦力のひとりである夫だけれど、かつてはとんでもなく無力で無自覚だった。

読む人をうんざりさせてしまうかもしれないのだけれど、まずは長女妊娠中の、夫の話をさせてほしい。

妊娠3か月頃からそれは始まった。そう悪阻。つわり。ツワリ。

なにをしていても気持ちが悪く、お口の中は常に不快。

座っていても立っていても、寝転んでいたって、ずっと気持ちが悪い。

そして、襲いかかる倦怠感。

まだお腹も大きくならないうちから、からだがずっしりと重たくて、なにをするにも、しんどかった。

毎日毎日、目が覚めて、「ああ、今日も気持ちが悪いんだな」と思うと、気が滅入るようだった。

そんなふうに、うんと調子が悪くたって、新婚マジックなんだろうかしら、はてさて、私はとても律義に夫の食事をつくっていた。

お弁当をこしらえて、夕方にはちゃんと晩ごはんをつくった。

しょっちゅう「おえっ」とえづきながらも、冷蔵庫を開けるのに躊躇しながらも、ちゃんと火を使った(おりこう)なにかしらを、用意していた。

洗い物もゴミ出しもしなかった夫。今ではこんなに助けてくれる。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

今振り返ってみると、相手は立派な成人なのだし、ほうっておいてもよさそうなものを、いったいなにをそんな真面目に取り組んでいたんだろうか。

そして、夫も夫だ。

手伝うことすらせず、ソファに腰掛けていた。

本来なら、悪阻で苦しむ私が横になるべきその場所に、頑健で健康な成人男性が、なにをするでもなく座っていたという驚愕の事実。

そして、食後には洗い物が当然発生する。

1日を終えて、虫の息で夕飯をつくって、食べる気力もなく食卓に着き、今すぐ眠ってしまいたいのに洗い物がある。

そのことに私はうんざりしていた。

今日現在の私なら、「あとはよろしく」と言って、寝室へ引っ込むところだけれど、当時はなんと言っても新婚だし、私は無垢な20代だったし、嫁とは妻とはこうあるべき、というものに多少なりとも縛られていたんだろう。

重たい体を引きずって、シンクへ向かう私を見て、あの日の夫はこう言ったんだった。

「明日でもいいんだよ」

あの表情を、私は生涯忘れない。

とても慈愛に満ちた顔をしていた。心から、優しさで言っている人間の表情そのものだった。

だからこそ、この人は何も分っていないのだな、と痛いほど思い知った。

明日の私も、引き続き悪阻を抱えているというのに、なぜ、元気いっぱい働き盛りの成人男性がやるという発想を、あの日の彼は持てなかったのだろう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.