子育て情報『「お空が綺麗」は私の感性の押し付けになってないかな…。そのモヤモヤは、息子が晴らしてくれた』

「お空が綺麗」は私の感性の押し付けになってないかな…。そのモヤモヤは、息子が晴らしてくれた

こんにちは。にくQです。

今回は、親の感性を伝えることは、押し付けだろうか?に悩んでいた話です。

「お空が綺麗」は私の感性の押し付けになってないかな…。そのモヤモヤは、息子が晴らしてくれたの画像

出典 : Upload By にくQ

「空が綺麗」というのは私の感想であって、息子はそう思っていないかもしれない。

何かを見るごとに「キレイ」と言わないといけないと思わせてないだろうか?

押し付けていることになるのではないだろうか?

ちょっとした一言も、「親と子」という環境下で圧力になっているのでは?

息子には自由に、自分の感性を育んで欲しいと思うものの、そもそも土台となるボキャブラリーがまだまだ少ない状態です。

私の一言にどこまで影響を受けるのかは分かりません。

だからこそ、「押し付けているような罪悪感」が拭えませんでした。

「お空が綺麗」は私の感性の押し付けになってないかな…。そのモヤモヤは、息子が晴らしてくれたの画像

出典 : Upload By にくQ

息子が私の「お空綺麗だね」を真似したことで先生がほっとしたという出来事で、彼は私の言葉を代用して彼なりに世界と関わっているんだ、ということに気付きました。

私の渡している言葉というボールを彼がどのように使うかは、本人次第であり、私が罪悪感を抱く必要はない。

そんなふうに腑に落ちました。

これからも、私や先生、周囲の人の言葉を聞いて、どのように選択し、それにより何を学ぶのか。

息子の世界の広がりに、ワクワクしながら毎日を過ごしています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.