子育て情報『「末っ子」の座はキミにパス。これから毎日"きょうだい"でいたいから』

「末っ子」の座はキミにパス。これから毎日"きょうだい"でいたいから


きょうだいができる日

それまで、一人っ子だった長男が「兄」になったのは、今から10年前の夏の事、長男は2歳5ヶ月だった。

出産直前まで。
ママのこの大きな腹には赤ちゃんが入っていて、生まれて来たら君はお兄ちゃんになるんだよ、君の妹だよと一生懸命伝えてきたのだけれど

「コダマ!ノゾミ!ハヤブシャ!」

当時の長男と言えば話す言葉がパパとママとあとは新幹線、JR、各私鉄特急車両。

周囲の同じ年の遊び友達にちらほら弟妹が生まれていても、『オニイチャン』だとか『イモウト』だとかの単語を覚える気はさらさら無かった。

あの頃、長男は古い社宅の前庭でお友達と水遊びをする事に夢中で、彼の世界は新幹線と水遊びだけだった。

そこに突然、登場した妹。

まだふにゃふにゃした新生児の長女を連れて帰った日。

私が明け方、陣痛の訪れと共に忽然と姿を消してしまった布団に顔をうずめて泣いた日から5日後。

「この世の終わりです」

そんな表情をして私の帰りを待っていたらしい長男に

「ホーラ、妹だよ」

今日からあなたはお兄ちゃん、そう言って新生児の長女を紹介したら、そこにあったのは

「何だ、この小さい生物は…」

という困惑を煮詰めた表情だった。

長男はそのふにゃふにゃとした小さな生物を前にとても微妙な表情をして小首をかしげ、まだ周囲の様子がよく見えていない新生児の長女は地蔵のような顔で虚空を見つめるばかり。

2011年の8月、私と夫そして私の実母と姉が見守る中、初めての『兄妹の邂逅』は、感動とかほのぼのという雰囲気からは遥か遠く、ほぼ未知との遭遇だった。

「末っ子」の座はキミにパス。これから毎日\

出典 : Upload By きなこ


現実というものは

よく下の子が産まれると上の子が赤ちゃんがえりして大変じゃないですかと、周囲から言われていたけれど、ウチにはそういった現象は発生する事も、その気配もなかった。

だって兄になった長男がまだほぼ赤ちゃんだったから。

紙おむつの新生児サイズを何個も用意してある部屋の一角には、紙おむつのパンツタイプLサイズの山。

長男は長女が生まれた時、オムツが外れていなかった。1つの家庭に2種類のオムツ。

これだと買い物が地味に面倒くさい。

そしてかさばる、あと何だかんだ言ってお金がかかる。

更に言うと、この頃の息子は明けても暮れてもママ、ママ、ママ。

パパもここにおりますが?と夫が寂しそうに存在を主張しても、パパと言うのは、お休みの日に一緒に電車を見に行く電車友達であり、そして食事をするときに座る安定感のある座椅子であって、ママに代わりなどおりませんと強固に主張して私の背後から決して離れない、そういう子どもだった。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.