子育て情報『新年度は怒涛の準備が必要。永遠に終わらない気さえする。』

新年度は怒涛の準備が必要。永遠に終わらない気さえする。

怒涛の4月がやってきてしまった。

長女が幼稚園に入学した5年前の春。

あの春以降、我が家はちょっと込み入った事情があって、毎年、3人のうちの誰かしらが新生活を始めている。

つまり、入園とか、入学の準備を毎年、ということ。

あの膨大な書類とか、永遠の名前つけを、毎年。

こんなものいちいち嘆いたりしていたらキリがないよ、と毎年心を無にして一心に取り組んでいたのだけれど、新学期準備というのはやはりすべてが膨大で強靭。

今年に関しても、たくさん寝て、しっかり栄養を摂って立ち向かったつもりだったのに、骨がぼきぼきに折れるような心地だった。

新年度は怒涛の準備が必要。永遠に終わらない気さえする。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

まず、春休み。

我が家には、今年新1年生を迎える長男がいる。

入学式当日に提出すべき書類やら、入学式当日に持参するはずの学用品やらが、たんとあった。

クレヨンの1本ずつに、えんぴつの1本ずつに、クーピーの1本ずつに、我々は名前をつけなくてはならない。

お名前シールという、文明の利器を持ってしても、束になってかかってくれば、やはり骨が折れるもの。

筆箱に、上靴に、体育館シューズに、ああ、そんなところにいたの赤白帽子、どこまで行ってもまだ記名すべきものがあるって、もはや摩訶不思議。

3年生になる長女の小さくなった上靴や、年中さんに上がる末っ子のクレヨンやスケッチブックのチェック、始業式のスケジュールや入学式の段取りを確認して、忘れてはいけない、親子のセレモニー服、のもろもろをどうにか滑り込みで用意して、ようやく進級進学おめでとうを無事に迎えられた。

ああ、よくやった私。えらかった私。

帰宅後、安堵に満ち溢れて、パンストを脱いだ私に子どもたちが差し出すのはそう、大量の記入すべきものと、読むべきもの。

ゴールテープを切ったと思ったら、息をつく暇もなく、またスタートの合図がなる。

負けるもんかと、3人分のあれそれをとりあえずひとまとめにしたら、その紙束の厚みに眩暈がした。

新年度は怒涛の準備が必要。永遠に終わらない気さえする。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

眩暈がしたとて、怯んでいるわけにはいかないのだ。
なぜなら、この紙束の中には必ず「明日までに」という文言が、どこかしらに潜んでいる。

我々はそれを見極め、疲れた体に鞭打って遂行せねばならないのだ。

そして、あろうことか「手伝うよ」と、やさしい笑顔をたずさえて言った夫は21時、健やかに就寝してしまった。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.