子育て情報『制約だらけだったけど…娘の涙が物語る、先生とのかけがえのない1年』

制約だらけだったけど…娘の涙が物語る、先生とのかけがえのない1年


休校中のクラス替え

我が家には、この春、小学校3年生になった男女の双子がいます。

思い返せば1年前、2020年4月。

本来ならば学校へ行き、小学校生活で初めてのクラス替えを経験するはずだった双子たちですが、学校は新型ウィルス感染防止のための臨時休校。

学校へ行くこと無く、休校中の宿題と共に配布された1枚のプリントで新しいクラスを知ったのです。

自分は2年何組になるんだろう?

新しいクラスはどんな先生で、誰と同じクラスだろう?

そんなドキドキの登校を体感することもなく、プリントを見て

「ふーん、私は2組か」「僕は3組か」

と、なんともあっさりとした異例のクラス替え発表を経験したのでした。

ようやく休校が明けて登校することになったときも……

新しいクラスの先生やお友達との出会いがありましたが、異例の事態に、バタバタと何がなんだかよくわからないまま2年生はスタートしました。

娘のクラスは新任の先生だったので「どんな先生なのかな」とドキドキ。

緊張しながらのスタートでしたが、だんだんと家でも先生の話をするようになり「休み時間には先生と漫画の話をした!」とか「音楽の話をした!」と嬉しそうに話すようになりました。

かたや息子は、元々高学年を受け持っていた先生が担任に。

既に顔を知っている先生という安心感とともに「クラスには先生がお世話をしている魚がいる!」と大喜びで、「毎日学校に行ったら魚に会えるから楽しみ〜」と嬉々として登校するようになりました。

制約だらけだったけど…娘の涙が物語る、先生とのかけがえのない1年の画像

出典 : Upload By おぎ


近づく先生とのお別れ

学校再開後は、双子たちそれぞれが新しいクラスにも馴染み、楽しい時間が過ごせているようで安心していました。

そして……本当にあっという間に月日は過ぎ去り、気づくと2年生ももうすぐ終わりという頃。

休校期間を経たことで、私はなんだか2年生をワープをしたような感覚でした。

そんな春休み目前のこと、娘が夜中に突然泣き出したのです。

どうしたのか話を聞いてみると

「先生、変わっちゃうんだよね。もう先生には会えないの?」

と言うのでした。どうやら、担任の先生が変わってしまうことに不安を感じている様子。

「離任式の案内に先生の名前はなかったから、クラスは変わってしまうけど、学校にはいるよ。だから、先生には会えると思うよ」

そう伝えたのですが

「でも、先生は他の学年の担任の先生になってしまうんだよね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.