子育て情報『「ママ、ついてこないで!」親ばなれの兆しから、あの頃の尊さに気づく』

「ママ、ついてこないで!」親ばなれの兆しから、あの頃の尊さに気づく


予想以上に早く訪れた「親離れ」の兆し

まだ出産する前、私がジブリの名作「魔女の宅急便」で一番好きだったのは、終盤の飛行船のシーンでした。

子どもの頃に、ハラハラしながら見ていたのを覚えています。

でも自分が親になってから、印象に残るシーンがすっかり変わりました。

今では、主人公のキキが、親元から旅立つ日のシーンに胸をぐっと掴まれます。

パパが「いつの間にこんなに大きくなっちゃったんだろう」と、キキに高い高いをしてあげる場面。

序盤のこのシーンで、いつも涙腺が崩壊してしまいます。

「まだまだ小さいわが子たちも、いつか手元から離れていくのか……」

そんなふうに想像して、いつも涙が抑えられない私。

そうは言っても、子どもたちが離れていくのは、まだまだ先のことだと思っていました。

ですが、その日は予想外に早く訪れたのでした。


広がっていく、息子の世界

わが家には4歳の息子と、3歳の娘がいます。

息子は甘えん坊でちょっと繊細、こだわり強め。

しっかり者の下の娘に比べて、「手がかかるなぁ」と思う場面も多いです。正直、「まだまだ赤ちゃんみたいなもんだな……」と思いながら接していました。

そんな息子がある日、団地の中で遊んでいる年上の子ども達(おそらく小学生)と「いっしょに遊びたい!」と言い出したのです。

少し前から、息子はその集団に混ざりたそうにしていました。

でも体もそんなに大きくない息子がその中に入っても、ついて行けなくて悲しい思いをするのではないか……

そんな親側の懸念もあり、あえて一緒に遊ばせることはしていませんでした。

ですが先日、ついに息子もその仲間に入ることに。

その場に一緒にいた夫の話としては、「これ以上、我慢させるのも可哀想なくらい、息子がその集団を意識していて勝手についてまわっていた」 「だから混ぜてもらうよう話してごらん、と息子に言った」 とのこと。

息子がその中に混ぜてもらってしばらくは、優しいお兄ちゃんのおかげで少しついていけていたようです。

ですが途中で妹が転んでしまい、それに付き添っている間に、息子はお兄ちゃん達を見失ってしまったのです。
(暑かったので各々の家に戻ったようでした)
「ママ、ついてこないで!」親ばなれの兆しから、あの頃の尊さに気づくの画像

出典 : Upload By あめの


息子、初めて親を拒絶する

悲しそうに、お兄ちゃん達を探す息子。

「どこに行っちゃったの」
「僕はここにいるよ」

大きな声で、お兄ちゃん達がいそうな方向に叫ぶ息子。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.