子育て情報『子育ての途中に「手放すもの」を、切なくて愛おしいと感じる日々。』

子育ての途中に「手放すもの」を、切なくて愛おしいと感じる日々。

子育てをしていると、ある時ふと、卒業を迎えるものがある。

例えば、授乳や調乳。例えばおむつ。例えば離乳食。

いつまで続くのかしら、と渦中にいるときは思うけれど、それらはちゃんとある日、終わりを告げる。

過ぎ去ってしまえば、急にそれらが遠くなったような気がして、すこし寂しくなったりもする。

そう分かっているから、私には「これいつまで続くの」と「でも手放してしまえばきっと寂しく思い出す」の間で、うずくまってしまうものがいくらかある。

子育ての途中に「手放すもの」を、切なくて愛おしいと感じる日々。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

ひとつ目が、歯の仕上げ磨き。

かかりつけの歯医者さんには、早くても小3まで、できれば小学校6年生まで、と言われている。

嘘だ……と思った。

長い。

はっきり言って長い。

小6と言ったら、産まれて12年。

そして、歯磨きって暮らしの一部でもある。

平日も祝日も、土曜だって日曜だって歯磨きはする。

そのほとんどすべての日に、親が課される仕上げ磨きというお仕事。

しかも他人の体の健康を握っているわけだから、なんというのか荷が重い。

「親の責任」という、見えないプレッシャーが見え隠れするのも厄介だ。

これ、もし我が子の歯が強靭だったら、こんなに悩まないのかもしれないけど、我が家の真ん中っこ7歳の歯がほんとうに諸刃ならぬ諸歯、なのだ。

彼は、驚くべきスピードで虫歯ができる。

ここ一年ほどは、少し落ち着いているが、3歳ごろはほんとうに一瞬で虫歯ができていた。

基本的に牛乳と水しか飲まないし、平日のおやつは時間もないので夕方の1回だけ。

それでも、ぼこぼこと次々に虫歯ができるのが、ほんとうに苦しかった。

もはや、私にできるのは歯磨きのみ、というわけで、仕上げ磨きには心を砕いてきた節が少なからずある。

長女も末っ子も比較的虫歯ができにくい、健やかな口腔内を維持しているのだけど、ならばせめてこの状態を死守したい欲が沸いてしまうので、やはり3人ぞれぞれ仕上げ磨きには心を砕いてしまう。

子育ての途中に「手放すもの」を、切なくて愛おしいと感じる日々。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

1日の力を搾り取られた午後8時、搾りかすになった私(または夫)は、無の心で3人分の仕上げ磨きをする。上の子ほど歯の本数は増えるし、永久歯が増える分だけ、大きな歯も増える。つまり、年々、仕上げ磨きが大変にもなっている。

そもそも膝に転がるには「なんかでかいな?」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.