子育て情報『早期閉経とは?妊娠はできる?症状・兆候、原因、診断方法、治療方法、予防方法まとめ』

早期閉経とは?妊娠はできる?症状・兆候、原因、診断方法、治療方法、予防方法まとめ


早期閉経とは?無月経との違いは?

早期閉経とは?妊娠はできる?症状・兆候、原因、診断方法、治療方法、予防方法まとめの画像

出典 : Upload By yamamichi

「早期閉経」という言葉をご存知でしょうか?まだ閉経年齢にならない40歳より前に排卵が止まり、卵巣年齢が閉経年齢に達してしまっている状態をいいます。このことにより、月経が永久的に止まってしまうことを指しています。自然な閉経時期が40歳代後半から50歳代であることから、「早期閉経」と呼ばれています。

では、「無月経」とはどのように違うのでしょうか。「無月経」の場合は、同じように生理がないことをいいますが、卵巣機能が休んでいる状態で、回復することがある状態です。卵巣を再び機能させて生理を起こすことができます。一方、「早期閉経」は卵巣機能が停止してしまっているので、生理がくることはありません。卵巣の働きが機能していないのか、働きが休眠してしまっているだけなのか、そこが大きな違いです。

http://www.kohjin.ne.jp/womens/fujinka/byouki3.html
岡山中央病院 セントラルクリニック伊島

http://e-smc.jp/reproduction/about/caused-disease/pof.php
SMC諏訪マタニティークリニック


早期閉経と妊娠の関係―妊娠はできる?

早期閉経とは?妊娠はできる?症状・兆候、原因、診断方法、治療方法、予防方法まとめの画像

出典 : Upload By yamamichi

早期閉経の場合、卵巣機能が止まってしまっている状態なので、妊娠することは難しいと言われています。卵巣機能が止まっているということは、排卵することがなく、排卵が起きなければ、妊娠することも不可能です。

しかし早期閉経と診断された人の中でも、自然に排卵が回復したり、月経が起きたりすることも全くのゼロではありません。たとえば、1年のうちにほんの1、2回排卵するという場合があります。その場合にはホルモンのレベルを調整する治療などを続け、排卵が来るのを待つという治療法も行われています。しかし何回繰り返しても排卵がおきない場合には、妊娠することは難しいと考えられます。

早期閉経の人が赤ちゃんを授かるために、体外受精という方法もあります。専門の医療機関を受診し、根気よく治療をつづけていくことになります。これにより必ず妊娠できるかというのも個人差もあるので、信頼のできる医療機関でしっかりと相談していく必要があるでしょう。

http://mainichi.jp/articles/20150727/dde/001/040/054000c
毎日新聞2015年7月27日東京夕刊


早期閉経の原因・どんな人がなりやすい?

早期閉経とは?妊娠はできる?症状・兆候、原因、診断方法、治療方法、予防方法まとめの画像

出典 : Upload By yamamichi

早期閉経の原因は様々で、下記のようなものが原因とされています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.