子育て情報『乳癌治療薬フェマーラ(レトロゾール)で不妊治療!排卵誘発の効果、副作用などまとめ』

乳癌治療薬フェマーラ(レトロゾール)で不妊治療!排卵誘発の効果、副作用などまとめ


フェマーラ(レトロゾール)とはどんな働きをする薬?

乳癌治療薬フェマーラ(レトロゾール)で不妊治療!排卵誘発の効果、副作用などまとめの画像

出典 : Upload By Kuma*Kuma

フェマーラは、「アロマターゼ阻害剤」と呼ばれる薬のひとつで、主に閉経後のホルモン感受性乳がんの治療薬として開発されました。まずは閉経後の乳がん治療において、フェマーラがどのような働きをする薬なのかをご説明します。

ホルモン感受性乳がんとは、女性ホルモンのひとつであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が、乳がん細胞の中にあるエストロゲン受容体と結びつくことによってがん細胞が増殖してしまうという病気です。このような性質を応用して、ホルモン感受性乳がんの治療では、「エストロゲンの生産をおさえる」「エストロゲンが受容体と結合することを阻害する」といったことを試みます。

エストロゲンは、閉経前は主に卵巣で作られますが、閉経後は卵巣機能が低下するためほとんど機能しなくなります。その代わり、副腎から分泌される男性ホルモンのアンドロゲンと、脂肪などに存在するアロマターゼという酵素によって、エストロゲンが作られるようになります。

アロマターゼ阻害剤であるフェマーラは、このアロマターゼの働きを抑える働きがあるので、体内のエストロゲン量を減少させ、乳がん細胞の発育、増殖を抑える効果が期待できるというわけです。

http://www.takeda.co.jp/patients/disease/b_cancer/medical/me_06.html
武田薬品工業株式会社乳がんの治療について(ホルモン療法)


フェマーラの不妊治療への効果

フェマーラは、上にご説明したような経緯と目的で開発された薬ですが、アロマターゼ阻害剤としてエストロゲンの合成を抑える働きを応用して、不妊治療にも使われるようになりました。主に 「①採卵周期の排卵促進剤として」使われますが、「②移植周期に子宮内膜を厚くさせる薬として」使われることもあります。


①採卵周期の排卵促進剤として使う場合

乳癌治療薬フェマーラ(レトロゾール)で不妊治療!排卵誘発の効果、副作用などまとめの画像

出典 : Upload By Kuma*Kuma

排卵促進剤として使用する場合、フェマーラを短期間服用することで以下のような効果が期待できます。■卵胞の発育と排卵を促進
エストロゲンの抑制によって脳が反応し、FSH(卵胞刺激ホルモン:卵巣内で未成熟な卵胞を成長・成熟させる働きがある)を多く分泌することで、卵胞の成長と排卵を促します。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.