子育て情報『《ベビーカーにあってほしい10つの機能》ママたちが求める機能、ぜ〜んぶ兼ね備えたベビーカーって、あるの?』

2017年3月10日 14:00

《ベビーカーにあってほしい10つの機能》ママたちが求める機能、ぜ〜んぶ兼ね備えたベビーカーって、あるの?

海外製のベビーカーというと、オシャレだけどどうしても本体が大きく、日本の交通事情や住宅事情には合わない…というイメージを持たれがち。

しかし最近では、機能性や走行性はそのままに「コンパクトなのに、生まれてすぐから使える」、「日本の交通機関や住宅でもかさばらずにオシャレ!」なベビーカーがたくさんデビューしています。

今回は、そのなかでもスタッフがおすすめする、人気の1台をご紹介します!

目次

・どんな機能があるとうれしい?
・①コンパクトであること
・②新生児から大きくなるまで長く使えること
・③リクライニングがほしい
・④パパもママも兼用できること
・⑤簡単に折りたため、自立すること
・⑥荷物がたくさん積めること
・⑦ブレーキ付きだとより安心
・⑧なめらかな走行性
・⑨汚れてもお手入れが簡単
・⑩暑い日も、雨の日も使えたら…
・強いて言ったら…ヴィダのデメリットは?
・今回協力してくれたモデルママ&ベビーの紹介


《ベビーカーにあってほしい10つの機能》ママたちが求める機能、ぜ〜んぶ兼ね備えたベビーカーって、あるの?


産休中のブロッサム39ショップスタッフ・渋木真裕さん&友裕くん(ともひろくん・5ヶ月)に試乗してもらったのは、「babyhome Vida ヴィダ」。スペインのベビーブランドで、これまではエモーションというシリーズを展開していました。

Vidaは、エモーションをさらに改良した新しいモデル。ママたちがベビーカーに求めるポイントを網羅していると言っても良いほど、その多彩な機能性やデザインの高さには驚きます。

どんな機能があるとうれしい?

①コンパクトであること

コンパクトの定義は人それぞれですが、まずは改札を通ることが最重要課題。こちらはベビーカー幅50センチ、シートの高さは45センチと、日本の一般的なAB兼用ベビーカーとほぼ変わらないサイズ感。タイヤも小さいため、ゴツさは一切感じられません。

②新生児から大きくなるまで長く使えること

子どもの成長はひとそれぞれ。こちらは新生児から、なんと25キロのキッズまで使える仕様。だいたい15キロや20キロまでの制限体重がスタンダードなベビーカーにおいて、25キロはかなり大きめまで大丈夫!ただ、コンパクトがゆえにシートの幅が限られるので、あまり大きな子だと幅がキュウキュウに感じるかも。フットレストは2段階で調節できるので、身長はかなり大きくなっても大丈夫そうです。

《ベビーカーにあってほしい10つの機能》ママたちが求める機能、ぜ〜んぶ兼ね備えたベビーカーって、あるの?

《ベビーカーにあってほしい10つの機能》ママたちが求める機能、ぜ〜んぶ兼ね備えたベビーカーって、あるの?

《ベビーカーにあってほしい10つの機能》ママたちが求める機能、ぜ〜んぶ兼ね備えたベビーカーって、あるの?

③リクライニングがほしい

コンパクトストローラーでは、リクライニングがついていないタイプも少なくありません。万が一リクライニング機能が付いていても、倒せる傾斜が少しだったり。お昼寝してしまった子どもが頭をガックンと垂らして、いびつな姿勢になっているのをよく見かけます。

こちらは無段階の調節機能付き。最大160度まで倒すことができるので、ほぼフラットになると考えて良いでしょう。しかも、リクライニングには、スノーボードブーツのアンクルベルトのような「カチカチ」と動かすほぼ無段階システムを採用。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.