子育て情報『《なかなか聞けない、おむつのギモン》はじめてのおむつ、どう選んだらいい? 男女別、上手なおしりの拭き方』

2018年3月27日 14:00

《なかなか聞けない、おむつのギモン》はじめてのおむつ、どう選んだらいい? 男女別、上手なおしりの拭き方

うまれたての赤ちゃんのお肌はとってもデリケート。だからこそ、赤ちゃんのことをしっかりと考えたおむつを選んであげたいですよね。また、多くのママたちが悩んでいるのが、おしりの拭き方だと思います。

正しいのは、前からだっけ?後ろからだっけ?男の子と女の子では、おしっこやうんちの拭き方が違ってきます。

今回は2男1女を育てるわたしが、男の子と女の子がいるからこそ分かる、上手なおしりの拭き方を教えちゃいます。

目次

・知っておきたい、おむつ選びの4つのポイント
・①通気性
・②吸収力
・③伸縮性
・④やわらかい素材
・おむつのサイズアップ、パンツへの切替えのタイミングって?
・男の子と女の子で違う、おしっことうんちの拭き方
・女の子の場合
・男の子の場合
《なかなか聞けない、おむつのギモン》はじめてのおむつ、どう選んだらいい? 男女別、上手なおしりの拭き方

知っておきたい、おむつ選びの4つのポイント

生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚の厚みは、大人の約半分と言われています。

身体の表面積は6分の1ですが、汗を出す汗腺の数は大人と同じなんだそうです。だからとっても汗っかきなんですね。そのため皮膚の表面がムレてふやけやすく傷つきやすいのです。

赤ちゃんに優しいおむつを選ぶときの4つのポイントは、下記の4つ。

①通気性

おむつは通気性があって、ムレないものが◎通気性の悪いおむつは、つけてるうちにおむつ内の湿度が上がりやすく、かぶれの原因になってしまいます。

②吸収力

おしっこをしっかりと吸収し、おしりがぬれないのポイント。吸収力が低いと、おしっこ(アンモニア)が酸化してかゆくなったり、赤くかぶれたり、皮がむけたりといったトラブルに。

③伸縮性

サイドギャザーが自在に伸縮し、しめつけずにしっかりフィットしてくれるものが◎おむつはパッケージに書かれているサイズと体重を目安に、赤ちゃんの成長に合わせてちゃんとフィットするサイズを選びましょう。

④やわらかい素材

デリケートな赤ちゃんの皮膚がこすれたり、傷ついたりしないよう、肌ざわりの優しい素材のものを選んであげましょう。

おむつのサイズアップ、パンツへの切替えのタイミングって?

同じ月齢でも、赤ちゃんによって身長も体重も違うので、何ヶ月で何サイズとは一概に言えないですが、おむつの切替えのタイミングポイントはこちら。

☑︎体重が増えた

☑︎おしっこの量が増えた

☑︎横モレが多くなった

☑︎お腹や足まわりが、きつくなってきた

☑︎お腹や足まわりが、赤くあとがつく

☑︎股上がたりない

2つ以上気になる点があるなら、おむつのサイズアップのタイミングかもしれません。

テープからパンツへの切替えは、赤ちゃんの動きが活発になって、おむつを当ててテープを付けるのが難しくなってきがきた頃が目安。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.