子育て情報『《元ショップスタッフが語る》成長してから改めて感じるトリップトラップの魅力&素朴なギモンって?』

《元ショップスタッフが語る》成長してから改めて感じるトリップトラップの魅力&素朴なギモンって?

2018年4月6日 14:00
 

大きくなっても買い替えず、ずっと使える

息子も1歳を迎え、できることがどんどん増えてきました!

成長して行動範囲が増えると、子どものアイテムは買い替えを検討しないといけないものがたくさん。食事椅子もそのひとつです。

今回は、ベビーから大人までずっと使える、ストッケのトリップトラップの魅力をご紹介♪また、わたしがショップスタッフとしてお店で接客していたときにお客様から聞かれた「トリトラの素朴なギモン」にもお答えします!

関連リンク

・ママの4割以上が「ワンオペ育児」を実感!お悩み解決の便利サービスって?
・親子にとっての試練!「慣らし保育」で新しい環境に慣れるポイント
・ママの仕事復帰で、子どもの昼寝サイクルが変わって夕方ぐずり・夜泣きが悪化…‼【連載第9回】

子供がいなくても大活躍!?

我が家はダイニングテーブル購入の際に、2人から4人座れる可動式バタフライタイプを選んだので、椅子は最初2脚のみ購入。その時から「子どもが生まれたら、トリップトラップを椅子として購入しよう!」と決めていました。

トリップトラップは、友人におねだりし、お祝いでいただいたもの。息子が生まれる前にいただいたので、息子が生まれてから、おすわりができるようになる生後半年までは大人用チェアとして活躍していました。

しっかり座れ、友人からも「大人が座っても違和感ないし、座り心地もいいね〜」と評判だったのを覚えています♪

とにかく安心♡抜群の安定感!

トリップトラップを使っていていつも感じるのは、抜群の安定感。

外食に行った際によく感じるのが、四つ足のパイプ式ハイチェアはグラつき易く、子供が立ち上がる時や降ろす時に傾くのでヒヤッとすること。トリップトラップも目を離していい訳ではではないですが、Z型のベースで安定感が全く違うので、大人が真横に座らなくても安心できる点がお気に入り!



ベビーセット使用時は足元にパーツを追加するのでちょっと通路の邪魔にはなっちゃいますが、より安定感が増します!

まだハイハイが出来ない時期などは、トリップトラップをキッチン横に持ってきて、座って待っていてもらうことも多かったです♡


自分食べがしっかりするまでは、専用トレイで安心♡

トリトラは、純正のオプションアイテムが多数あるのもうれしいところ。特に、専用トレイは座り始めからつかみ食べまでに大活躍!!

座り始めは前のめりになりがちですが、大きなトレイに両腕をばーんと乗せても大丈夫♪おもちゃなどを置いて、椅子の練習やお料理待ちにも便利でした。しっかり固定されているので子どもが持ち上げてしまうこともありません。



この専用トレイ、しっかり縁があり、後付けなので取り外して洗えます。取り外しは斜めにしなくてはいけないので汁物等はある程度の拭き取りが必要ですが、離乳食初期のペースト類が殆どトレイで受け止められていたので、毎回のお掃除が本当にラク♪

また、つかみ食べの時期には大人のお皿にも容赦なく手が伸びてくるので、子ども専用のトレイはみんなで楽しく食べるためにも大活躍でした♡



息子は、食べる量と品目が増えてきた時期、トレイにプレートを置ききれなくなったので、そのタイミングでトレイを外して、大人と一緒のテーブルに切り替えました♪



トレイがずっと椅子についているわけではないので、別場所で保管できて、衛生的♡はじめは購入を迷った専用トレイですが、いろいろなシーンで本当に助かりました。

大きな足置きで、食事タイムに集中!

足置きも大きさがあるので、足を前に後ろに忙しなく動かしながら食べる息子でも常に板に触れることができます。

「食事は地に足ついて」と昔から言いますが、足置きにまだ届かないことも多い一歳では、足がバタバタユラユラしないだけで食事の集中時間が全く違います!!

高さ調節が細かいので、成長に応じてちょこちょこ変えて、なるべく立ち上がらないように工夫できるのもお気に入り♡



また、本当に足置きが大きいので食事の散らかしが足置きに溜まります。飛ばしたりわざと捨てたりしない限り、食べこぼしがほとんど足置きに落ちてるので、床掃除の面積が少なく済み、個人的にとても助かってます♡

食事椅子は、ロータイプ?ハイタイプ?

我が家は、子どもが生まれる前から「食事椅子はトリップトラップで!」と決めていたこともあり、食事椅子といえばハイタイプ!と頭の中で勝手に決まっていたのですが、実際ロータイプとどちらがいいのか悩んでいる方も多いはず。

我が家では、ロータイプ(豆椅子)も使用しています。トリップトラップは、ベビーセットがついているうちは自分で座ることが出来ないので、お菓子タイム、テレビタイムにロータイプを使用しています♪



実は、歩ける様になってから自分で座るためによじ登ろうとし始め、危険を感じたので慌ててロータイプを導入。ロータイプのおかげで、食べるなら座る、テレビなどを見るなら座る(自分で行動する)というしつけができる様になったので良かったです。

しかし、ロータイプで立ったり座ったりが自由になると、勝手に食事を終わらせたりすることも。また、食べ散らかしが遠くまで飛んで行ってしまうので、長時間の使用は不向きかなと感じます。

そのため、我が家はおやつタイムにロータイプ、食事タイムにハイタイプの使い分けがルールとなりました♪

購入検討中のお客様の疑問…実際はこうでした!

私が店頭でお客様にトリップトラップを紹介していたときよく質問があったのが、サイズ感や傷について。実際に自分が1年以上使ってみて、より詳しくそれらの疑問にお答えします。

①なんだか低くない?

まず、多くの方が口にする「低くない??」という点。店頭では、「トリップトラップは、一般的なるテーブルの高さに合うようにできています!」とご案内しながらも、確かに見た目は低く感じる…というのは分かります。

3歳までは座席部分の高さが決まっており、お使いのテーブルと高さが合うのか不安になる方も多かったですが、もちろん問題なく使えます!

太めの板で構成されているので、低さを感じるのかもしれません。店内で見ると天井も高くイメージしにくいと思いますが、もちろん大人でも座れますし、安心して大丈夫♡お食事中、きちんとお子様と目線を合わせられます!

②大きめベビーでも、ベビーセットは使える?

ベビーセット使用時の幅の狭さや、足を通す穴が小さく気になるとの声もありました。

わたしも息子がビックちゃんだったので心配でしたが、ピークの大きさでもすんなり座らせられました。お食事用のビブのポケットでちょうど埋まる。といった感じだったので、食べかすがうまくポケットに入り「本当によく出来てるなぁ」と感激しながら使っていました。



足を通す穴は、まだ自分から足を通すという動作が出来ない座り始めの頃は小さく感じ、「ちょっと座らせにくいのかも?」なんて感じましたが、先に座らせてからベビーセットを固定する方法も。足が通りづらい時期は、後付けしてました♪

座らせてしまえば、「しっかり余裕がある!」と感じる大きさなのでこちらも全く問題ないと思います。ベビーセットは紐ではなく、しっかりしたプラスチックのガードなので、座り始めの体を前に預けるような体制でも安心して座らせられ、またこの絶妙な大きさのおかげで抜け出しにくいのがいいところ♪逆に降ろしにくいときも先にベビーセットを外してしまえば簡単に降ろせるので安心です。

③床に傷がつきそうなんだけど…

次に多かったのが、トリップトラップを置いた際の、床への傷について。どうしても床と触れ合っている面積が他のチェアよりも多いので心配される方が多いですよね。

わたしも心配で、使い始めは下にシートを敷いていましたが、チェアに重さがあるもののそのシートのおかげで動きやすくなってしまい使用を断念。今は直接床に置いてます。

板全体が床に着くわけではないことと、主に子どもを座らせる椅子なので移動せず、ずっと同じ位置にあるので傷は目に見えてはないかな?と思います。

模様替えや配置換え、掃除などで持ち上げずに動かしていますが、個人的に床への傷は気にならないです。傷防止のフェルト地を下に付けようかなぁなんて方もいらっしゃいましたが、安定感が損なわれてしまうのでそのまま使用するのをオススメします。

④専用クッションは、撥水加工あり?なし?

最後に専用クッションについて。撥水加工ありなしどちらがいいのか、洗い替えで何枚必要なの?などをよく悩まれてい方がいましたが、うちでは撥水加工あり、なしを1枚ずつ使用しています!

本体購入の際に、「とりあえず1枚買っておこう」という方が多いですが、やっぱり汚れるものなので、最初から洗い替えで2枚購入がベターだと思います。

クッションは、ベビーセットを外したあとも背もたれに直接使用出来ますし、何より専用で作られており、座席に被せられるので滑り落ちないのが便利です!また撥水加工ありなしの比較ですが、加工なしのタイプでも通常の洗濯で未だに目立つシミはゼロ!トマト類でも大丈夫だったので、お好きな柄で選んで貰えれば良いのかなぁと思います。もちろん、撥水加工タイプは拭き取りができ、若干洗濯回数が減ったかなぁという印象です。1枚購入の方には、撥水加工ありのクッションをオススメします♡もちろん撥水加工なしでも十分長く使えますよ♪

これからも活躍!トリップトラップは最強アイテム♡

一歳半を過ぎより活動的、そして意思が強くなってきた息子。ピーク時からかなりスリムになり食事中に逃げ出そうとすることも増えてきました。



今後は、より安全に使用するためにハーネスの購入も検討しています♪月齢に合わせて使い方、アイテムを追加できるトリップトラップはまだまだお世話になりますよ〜!!

長く長く使うアイテムなので、子ども椅子選びはベビーカーと並ぶくらい大事。是非参考にしてみてくださいね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.