子育て情報『《子連れアウトドア》いまがシーズン! 小さな子どもも楽しめるいちご狩りに行ってきました♪』

2019年3月20日 14:00

《子連れアウトドア》いまがシーズン! 小さな子どもも楽しめるいちご狩りに行ってきました♪

いちごが美味しい季節がやってきました。小さな子ども連れでも楽しめるアウトドアのアクティビティーといったら、いちご狩りがおすすめ!

我が家の息子は0歳からいちご狩りに行っています。10月生まれなので、0歳のときはまだ見ているだけ、1歳は1~2個食べさせてあげて、2歳の今年は選んであげたいちごを自分で狩って食べていました。今回は、子連れで楽しいいちご狩りについてご紹介します♪

目次

・いちご狩り、どこに行く?選ぶポイントは?
・持ち物は? やっぱり服は汚れるの?
・いちご狩りのあとも楽しい、直売所♪
・食育にもつながる、いちご狩り


《子連れアウトドア》いまがシーズン! 小さな子どもも楽しめるいちご狩りに行ってきました♪

いちご狩り、どこに行く?選ぶポイントは?

我が家が行ったのは栃木県にあるアグリタウンという場所。ここを選んだ理由は3つ。

1つ目は、3歳まで無料なこと。2歳だと食べる量も少ないので幼児が無料のファームがおすすめです。

2つ目は、子どもの手が届く位置で栽培されていること。高設栽培というのがあり、地面よりも高いところでいちごを栽培しています。大人は取りやすいのですが、子どもの手が届くか確認した方がいいです。今回行ったファームは低い位置での栽培でしたが、足元にビニールシートが敷いてあったので靴も汚れにくくなっていました。

3つ目は家から100㎞圏内(車で1時間半以内)で行ける場所だということ。移動距離が多いと子どもも疲れてしまうので、日帰りの場合は100㎞圏内がベストです。

《子連れアウトドア》いまがシーズン! 小さな子どもも楽しめるいちご狩りに行ってきました♪

持ち物は? やっぱり服は汚れるの?

まず服装ですが、ビニールハウスの中は暑いので薄着がおすすめ。結論から言うとやっぱり服は汚れます!なので、子どもの服の色はいちごの赤が目立たない色が◎。エプロンをするのもいいと思います。それでも、手も口のまわりも真っ赤に!

今回は、子どもをおんぶしたりするため肩にもかけられるバッグを持って行きました。中身はこんな感じ。

《子連れアウトドア》いまがシーズン! 小さな子どもも楽しめるいちご狩りに行ってきました♪


ハンドタオルはあると便利!子どもの手はもちろんのこと、いちごをあげるのに大人の手も汚れます。濡らして「おしぼり」にすると、ウェットティッシュのようにゴミが出ません。また、エプロンをしてあげてもなぜか汚れてしまうので、着替えは必須です。

ほかに、時間がつぶせる絵本・おもちゃ。予約しても待ち時間があることもあるので、子どもが飽きてしまわないように絵本やおもちゃがあるといいです。ファームにもよりますが、いちごが安く購入できるので、購入して持ち帰る場合は保冷バッグ+保冷剤があると鮮度が保てます。

プラスチックバッグは、ゴミ入れに。おむつや汚れた靴を拭いたティッシュを持ち帰るのに役に立ちます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.