子育て情報『《今年最も売れた抱っこひもランキング5》シンプルisベストのデザインと装着性?よりきめ細やかに多機能化?』

2019年12月29日 14:00

《今年最も売れた抱っこひもランキング5》シンプルisベストのデザインと装着性?よりきめ細やかに多機能化?

2019年も残すところあとわずか!ベビーの街・代官山をはじめ、全国に店舗を構えるベビーセレクトショップ「blossom39」では、今年最も売れたベビーカー&抱っこひもを総まとめ。2019年、街なかでよく見かけたオシャレなベビーカーや抱っこひもはどんなもの?今回は、今年、売れに売れた抱っこひも5選をランキング形式でご紹介します♪

目次

・第5位:ファースト抱っこひもとして、不動の人気! ベビービョルン ベビーキャリアMINI
・第4位:夏にセカンド抱っこひもとして爆売れ、ミニモンキー ミニスリング メッシュ
・第3位:とことんこだわるパパ&ママたちが辿り着くのは、ベコ8(箱入り)
・第2位:秋には待望の新シリーズ登場! ブランド内の安定的人気は、ベビービョルン ONE KAI Air
・第1位:メジャーブランドの最上級モデルが、今年も安定の人気エルゴ OMNI360クールエア


《今年最も売れた抱っこひもランキング5》シンプルisベストのデザインと装着性?よりきめ細やかに多機能化?

第5位:ファースト抱っこひもとして、不動の人気! ベビービョルン ベビーキャリアMINI

初めての出産を控えたママやパパが抱っこひもを求めてショップにご来店された際、スタッフが必ず紹介しているのが、ベビービョルンのファーストモデル「ベビーキャリアMINI」。発売から40年以上、世界中のパパとママ&ベビーに愛用されてきた「ビョルン オリジナル」が一昨年リニューアルし、MINIとして再デビューしたモデルです。

様々なブランドの抱っこひもが多機能化を遂げていくなか、「よりシンプルで、より安全性の高いものを」という点のみをとことん追求してきたクラシックなデザイン。まずは使いやすく、シンプルで安心できるものを使いたいというパパ&ママから高い支持を得ています。生後0ヶ月から使用できるので、入院準備アイテムとして、出産前に用意をするママたちも多いです。

抱っこひもというと「外出時に必要」「家事など手の離せないときに」などの使用シーンを思い浮かべるのが一般的。そのため、出産後、お出かけが増えてからの購入を考えているパパママもいるはず。しかし、生まれてすぐ、新生児期には「何はなくともとにかく1日中抱っこをしている」もの。昼夜問わずパパ&ママとベビーは触れ合っているので、そんなときにこのMINIが大活躍します。

《今年最も売れた抱っこひもランキング5》シンプルisベストのデザインと装着性?よりきめ細やかに多機能化?


他の抱っこひもにはないMINIの最大の特徴は、セパレート構造!抱っこで安心して眠りについた赤ちゃんをいざおろそうとしたときに、赤ちゃんを片手で支えながら背面パッドを下ろし、ママの肩に掛かっている肩パッドをひとつずつ外し、ゆっくりと布団におろそう…なんてしている間に「背中スイッチ」が作動して、「ふぇ〜ん」とまた起きてしまう…なんてことは茶飯事。MINIなら、ストレスのないバッグルをするりと外すだけで、背面パッドごと赤ちゃんをおろすことができます。これは、秋冬などに抱っこひもの上からアウターを着ている場合にも大助かり!大きな動きが必要ないので、赤ちゃんを起こすことなく、寝かしつけが格段に楽になります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.