子育て情報『《人気のおくるみ5種比較!》エイデン、ルルジョ、ウィーゴアミーゴ…、生地感&デザインはどう違うの?』

2020年6月27日 14:00

《人気のおくるみ5種比較!》エイデン、ルルジョ、ウィーゴアミーゴ…、生地感&デザインはどう違うの?

末っ子三男を出産して5ヶ月。赤ちゃんの毎日の必需品といえば、何と言っても「おくるみ」!

長男や次男を出産したときには、おくるみといったらエイデンアンドアネイの一強。みんながエイデンのおくるみを持っていましたが、今はおくるみブランドや種類もたくさん♪

今回は、blossom39のショップで人気のおくるみ5ブランドの5枚を比較。エイデンアンドアネイ、ルルジョ、ウィーゴアミーゴ、ルルロリポップ、バースデイパーティーの人気おくるみ5種類の、わたしなりの使い分けをご紹介します。

目次

・赤ちゃんの必需品♡ blossomで人気の5ブランドは…
・モスリンと、バンブーどう違うの?
・①エイデンのおくるみは出産祝いの定番!
・②月齢カード付きの記念フォトが話題となった、ルルジョ
・③カラフルで鮮やかなデザインが得意、ウィーゴアミーゴ
・④キュートなモチーフでママも嬉しい、ルルロリポップ
・⑤万人ウケするデザインと使い勝手の良さ、バースデイパーティー
・5枚のおくるみ、どう使い分けてるの?


《人気のおくるみ5種比較!》エイデン、ルルジョ、ウィーゴアミーゴ…、生地感&デザインはどう違うの?

赤ちゃんの必需品♡ blossomで人気の5ブランドは…

日本の「おくるみ」は、海外では「スワドル」「アフガン」などと呼ばれています。おくるみという名の通り、小さな赤ちゃんをくるみこむものですが、大きくて柔らかく、赤ちゃんのデリケートな肌にやさしいこのおくるみは、様々な用途で使うことができます。

《人気のおくるみ5種比較!》エイデン、ルルジョ、ウィーゴアミーゴ…、生地感&デザインはどう違うの?

モスリンと、バンブーどう違うの?

おくるみの生地は、大きく分けて2種類。「モスリン」と「バンブー」があります。どちらも普段の生活では耳慣れない言葉。おくるみで初めて知った!というママも多いハズです。

バングラデッシュが発祥のモスリンコットンは、暑い夏には涼しく、寒い冬には暖かい高級素材。生まれたばかりの赤ちゃんをつつみこむのに最適な生地として、多くのママたちに認知されています。一方、バンブーと呼ばれるのは、レーヨンのこと。コットンに比べてさらりとした肌触りで、シルクに似たつやっぽさがあります。吸水性や速乾性にも優れているので、暑い季節にはオススメの素材です。

①エイデンのおくるみは出産祝いの定番!

モスリンコットンおくるみの火付け役であるエイデンアンドアネイは、NY発のベビーブランド。イギリス王室のキャサリン妃が出産時に使っていたことで人気が爆発。いまや世界中でエイデンのおくるみを知らないママはいないほどの有名ブランドになりました。

エイデンが謳う「洗えば洗うほど柔らかくなる!」というのは、本当。水通し前のエイデンのおくるみは、他4ブランドのものと比べると、気持ち厚め。生地にはボリューム感があり、肌馴染みが良いというにはすこし遠い感じ。しかし、水通しして数回、数十回と使っていくうちに、だんだんとやわらかく、ふんわりとします。さすがモスリンコットンのパイオニア的存在なので、何度洗ってもくたったり、薄くなったり、毛玉になったりもせず、引っ掻きで糸が出てきてしまう…なんてこともありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.