子育て情報『赤ちゃんの時こそ睡眠リズムを整えるチャンス!生後5日目からの睡眠習慣でママもパパも楽に!』

2016年7月31日 21:30

赤ちゃんの時こそ睡眠リズムを整えるチャンス!生後5日目からの睡眠習慣でママもパパも楽に!

赤ちゃんの時こそ睡眠リズムを整えるチャンス!生後5日目からの睡眠習慣でママもパパも楽に!

赤ちゃんがいるママやパパは睡眠リズムが狂いやすく、慢性的な睡眠不足になりがち。中には、親が睡眠不足になるのは仕方ないとあきらめている人も多いのではないでしょうか。

しかし、実は赤ちゃんの時こそ、昼夜の区別を教え、規則正しい生活リズムをつくるチャンスなのです。子どもの睡眠サイクルを整える秘訣を、睡眠の専門医である遠藤拓郎先生にお聞きしました。

睡眠サイクルは、生後5日目ごろから整える大人は夜から朝にかけてまとめて寝る「単相性睡眠」をとります。

一方、乳幼児期は寝たり起きたりを繰り返して小分けに眠る「多相性睡眠」。1日に何回も寝るため、どうしても夜中に目を覚ましてしまいます。そのため、親も赤ちゃんのリズムに合わせて寝たり起きたりを繰り返すことになり、睡眠不足になってしまうのです。

赤ちゃんは一般的に、生後3、4カ月ごろから徐々に夜にまとまって寝るようになり、生後5、6カ月頃には昼夜の区別がついて、生活リズムが整ってくるといわれています。そのため、生後3カ月ごろまでは、赤ちゃんが寝たいままに寝かせているという人が大多数を占めるようです。

「夜になると眠くなり、朝になると目が覚めるという睡眠リズムをコントロールしているのが『体内時計』です。実は体内時計は生後5日目くらいから機能し、睡眠サイクルもこのころからでき始めます。

この時期に赤ちゃんが寝たいままに寝かせてしまうと、体内時計も狂ってしまいます。一見すれば睡眠がとれているようでも、実際には効果的な睡眠がとれていないのです」(遠藤先生)

光の強さが赤ちゃんに昼夜の区別を教えるポイント!体内時計を調節しているのが“光”。特に年齢が低いほど光の影響を受けやすいため、赤ちゃんのうちから光の強度を調節して、起きるときと眠るときを教えていくのがいいそう。

「朝は『午前9時までの太陽の光』を浴びることで、目覚めのスイッチが入ります。遅くとも朝の8時にはカーテンを開けて起こし、30分~1時間ほど朝日を浴びさせて、朝であることを教えましょう。子どもは睡眠の力が強いので、自然に目覚めるのを待っていると9~10時くらいまで眠ってしまいます。

日差しを浴びても目覚めなければ、『朝だよ。起きようね』と声をかけて一度起こしてあげましょう。赤ちゃんの場合、その後に寝てしまっても大丈夫です。また、昼寝の時は完全に暗くせず、うす暗い部屋で寝かせるといいでしょう」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.