子育て情報『パパママにおすすめの4つの胎教 正しい赤ちゃんとのコミュニケーション』

2016年10月10日 20:30

パパママにおすすめの4つの胎教 正しい赤ちゃんとのコミュニケーション

目次

・胎教とは
・胎教をはじめる時期
・胎教を行った際、赤ちゃんの反応は?
・1.音楽を聴く胎教のポイント
・2.語りかけの胎教のポイント
・3.読み聞かせの胎教のポイント
・4.英語の胎教のポイント
・おすすめしない胎教
・医師からのアドバイス
パパママにおすすめの4つの胎教 正しい赤ちゃんとのコミュニケーション

お腹の中にいる赤ちゃんに話しかけたり、音楽を聞かせたりしている妊婦さんを良く見かけますね。

これはいわゆる「胎教」と呼ばれる赤ちゃんとのコミュニケーション方法ですが、どのように行うのが正しいのでしょうか。

そこで今回は「パパママにおすすめの4つの胎教」と題し、胎教の方法や、おすすめの4つの胎教を医師に聞いてみました。

胎教とは

胎教という言葉に定義はありませんが、妊娠中の女性がお腹の赤ちゃんに対して話しかけたり、音楽を聞かせたりなど、赤ちゃんとコミュニケーションをとって、よい影響を与えようとする行為全般を胎教と呼ぶ場合が多いと思います。

胎教をはじめる時期

胎教を始める時期にも、特定の決まりはなく、妊婦さんの体調が落ち着いたときなどいつでも始めてかまいません。

ただ一般的な時期としては、赤ちゃんの身体の発達時期から、耳が聞こえるようになるといわれる妊娠5カ月くらいが一つの目安になると思います。このころにはつわりも落ち着いてくるケースが多く、そういった意味でも適切な時期といえるのではないでしょうか。

胎教を行った際、赤ちゃんの反応は?

たとえば、赤ちゃんとのコミュニケーションの方法としてよく使われることのある「キックゲーム」という遊びがあります。

キックゲーム
1:赤ちゃんが大きくなってきて、内側からお腹をキックされたときに蹴られた場所を軽くたたいて「キック」といいます。

2:またその箇所を赤ちゃんが蹴ってきたときに褒める声掛けをしてあげるということを繰り返します。

3:今度は赤ちゃんが蹴る前にお腹の一部分を軽くたたいて「キック」といってあげると赤ちゃんがその場所を蹴るようになります。

こういったものは赤ちゃんの反応がわかりやすく、コミュニケーションしているという実感が味わいやすい一例といえますね。

それ以外には、音楽の種類によって赤ちゃんの胎動などが変わり、赤ちゃんの好きな音楽がわかる、というお母さんもいますね。

1.音楽を聴く胎教のポイント

おすすめ音楽
モーツアルトなどが人気があるようですが、お母さんが好きで、あまり激しくない音楽であればよいでしょう。

期待される赤ちゃんへの影響
リラックスしたお母さんを感じたり、脳波に良い影響があるなどとも言われていますね。

2.語りかけの胎教のポイント

おすすめ語りかけ文言
朝や寝る前のあいさつ、「きれいだねー」などといったポジティブな感情の共有をする言葉はよいのではないかと思います。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.