子育て情報『寝る前は「寝たままヨガ」がおすすめ!道具不要&タダでよく眠れる方法』

2016年10月25日 19:00

寝る前は「寝たままヨガ」がおすすめ!道具不要&タダでよく眠れる方法

寝る前は「寝たままヨガ」がおすすめ!道具不要&タダでよく眠れる方法

夏も去り季節の変わり目のせいか、最近は疲れが溜まってきて少々寝付きが悪くなっている気がします。寝る前、ちょうどいいタイミングで眠気がこない、寝付けないというのはなかなかつらい…。

寝る前に簡単なヨガをやると、寝付きがよくなるらしい

疲れ過ぎて眠れない、寝付きが悪いという悩みができてしまったので、何かいい解消法がないかと探していました。そんな中、Fuminners(フミナーズ)編集部から「寝る前にヨガを行うと寝付きがよくなる」と教えてもらい、ヨガインストラクターの村上華子さんおすすめの快眠法“寝たままヨガ”を試してみることにしました。

なんと、ヨガマット不要でお金もかからず、ヨガ未経験者でも寝たままで簡単にできてしまうらしいのです。

今までヨガは「やってみたいな」と思いつつ、体験したことがありませんでした。ですが、私は、寝る前のストレッチを習慣にしているので、簡単なヨガだったら毎日できそうだなと思いました。(ヨガをする前に軽く手首・足首をほぐすストレッチを行うとよいそうなので、ストレッチと寝たままヨガを組み合わせてやってもよいそうです)

今回は、

・疲れがしっかりととれる優しい逆転のポーズ(ヴィパリータ・カラニ)

・布団に入ってからなかなか寝付けないときに行うシンプルなねじりのポーズ

で、ぐっすり眠れるようになるのか試してみたいと思います。

【その①:優しい逆転のポーズ(ヴィパリータ・カラニ)】

寝転がったままできるポーズ。寝る前に行うと、自律神経のバランスを整え、脳を休めて身体の緊張状態をゆるめることができるのだそうです。「疲れがしっかりとれるように眠りたい」というときにおすすめなのだとか。

また、妊婦さんでもできる優しいポーズのようで、身体に負担が掛かりにくいそうです。

さらに、寝る前にアイピローをしてこのポーズを行うと、更にリラックス効果を期待できるとのこと。

★詳しいやり方

STEP1壁の近くで寝転がり、壁におしりをつけて足を上げる。足は閉じ、かかとを押し出すようにしてふくらはぎ側をしっかり伸ばす。

STEP2手は楽な位置に。吸う息でお腹が膨らみ、吐く息でへこむことを意識しながら、ゆっくりと気持ちいいペースで腹式呼吸をする。STEP3ゆっくり足を下ろして身体ごと横向きになり、30秒ほどそのままの状態で血流を落ち着かせる。最後はゆっくり起き上がる。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.