子育て情報『不正出血は妊娠の兆候?知っておきたいメカニズムと出血の原因』

2017年4月25日 22:00

不正出血は妊娠の兆候?知っておきたいメカニズムと出血の原因

目次

・不正出血は妊娠の兆候?
・妊娠と不正出血…着床出血の場合
・妊娠初期の不正出血
・不正出血の判断は難しい
・不正出血の原因は?
・不正出血は身体の重要なサインです
不正出血は妊娠の兆候?知っておきたいメカニズムと出血の原因

生理でもないのに出血があると不安になりますね。

病気の可能性もありますし、場合によっては妊娠の兆候という可能性もあります。

不正出血は女性の多くが経験することだと言われていますが、やはり身体に何かしらの変化があって起きるものですので放置は危険です。

今回は妊娠初期に多い不正出血や、その他の原因についてまとめます。

不正出血は妊娠の兆候?

不正出血とは、月経の時以外に性器から出血があることを言います。

その原因はさまざまですが、妊娠の兆候として不正出血がある場合があります。これは医学的には月経様出血と呼ばれ、一般的には着床出血と呼ばれています。

着床出血は受精卵が子宮内膜に着床する際に見られる出血です。妊娠すると必ず起こるものではなく、ごく一部の妊婦に見られると言われています。また、着床出血があっても気が付かないこともあるようです。

着床出血の起こる原因
着床出血が起こるの原因は二つ考えられます。一つは、受精卵が子宮内膜にもぐりこむ際に血管を傷つけることで起こる出血です。

この場合は受精卵が着床する頃である、排卵日から1週間後くらい、もしくは生理予定日の1週間前くらいに出血が見られるようです。

二つ目は、ホルモンの影響によるものです。妊娠を維持するための黄体ホルモンが保たれず減ってしまうことにより、生理のような出血が一時的に起こってしまうと考えられています。

この場合は生理予定日頃の出血が見られるそうです。

これら二つの原因によって着床出血が起こると言われていますが、ちょうど生理予定日前後くらいの出血になるので、生理との違いに気が付かない場合もあると言われています。

では生理と着床出血との違いはどのように判断すればいいのでしょうか。

妊娠と不正出血…着床出血の場合

着床出血と生理との違い
生理の期間は個人差がありますが通常は5日~7日間程度出血が続きます。これが着床出血の場合には少し短く、2~3日間程度の場合が多いようです。

また、出血量も明らかに通常の生理よりは少ないと言われています。出血と言うよりは少し血が下着につく程度や、おりものに色が付くくらいと言う場合が多いと言われています。

見分けるポイントとしては上記のような出血量の違いになるようです。また、妊娠している場合には妊娠初期に見られる諸症状(微熱、つわりなど)が現れる場合があります。

ただし、多くの場合には不正出血があったときには判断が付かず、後から妊娠がわかったことで、あの時の出血は着床出血だったのかと気が付くことが多いようです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.