子育て情報『二人目の妊娠で気をつけることは?つわりや上の子のケアなどの疑問を解決!』

2017年3月28日 20:00

二人目の妊娠で気をつけることは?つわりや上の子のケアなどの疑問を解決!

目次

・二人目の妊娠に理想的な時期はあるの?
・二人目の妊娠でママたちが不安なこと
・二人目の妊娠のつわりは軽い?重い?
・上の子の行動や心の変化について
・二人目の妊娠で注意したい上の子のケア
・二人目の妊娠でママが特に気をつけること
・二人目の妊娠で大切なパパの心がけ
・二人目の妊娠に関するご相談例
・最後に医師から一言
二人目の妊娠で気をつけることは?つわりや上の子のケアなどの疑問を解決!

二人目の妊娠・出産は、上の子の世話や、場合によっては幼稚園の送迎しながらの育児となるため、一人目の妊娠・出産とは大きく異なり、ママにとって大きな負担を強いられることがあります。

ママの負担や不安を軽くするためにも、事前に、妊娠のタイミングや出産後の生活など考えておく必要があるかもしれません。

今回は二人目の妊娠について、タイミングや予想されるママへの負担、またその解決策について、医師に詳しく解説していただきました。

二人目の妊娠に理想的な時期はあるの?

二人目の妊娠で気をつけることは?つわりや上の子のケアなどの疑問を解決!

二人目の子どもを作るのにいつが理想という医学的な決まりはありません。

帝王切開で第一子を出産した場合、産後最低6カ月は妊娠しないほうがよいとされていますが、それ以前に妊娠してしまった場合でも妊娠継続することが通常です。

二人目の妊娠でママたちが不安なこと

二人目の妊娠で気をつけることは?つわりや上の子のケアなどの疑問を解決!

一人目の子どもを世話しながら妊娠が無事継続できるかどうかや、切迫流産・切迫早産などで長期入院や安静が必要になった場合に一人目をどうするか、出産後に一人目と二人目の世話を両立できるか、などが心配になります。

妊娠中は重いものを持たないように・無理しないようにと言われますが、一人目の子どもがいるとそうはいきません。

10㎏以上の子どもを抱きかかえることは日常茶飯事、寝ているところにお腹にのしかかられることもあります。

二人目の妊娠のつわりは軽い?重い?

二人目の妊娠で気をつけることは?つわりや上の子のケアなどの疑問を解決!

一人目のときにつわりが重かった・軽かったから、二人目も同じようになるかということは全く予想できません。

一般的には、一人目のつわりより軽くなると言われることが多いようですが、医学的根拠はなく、一人目の時より重くなる方もおられます。

上の子の行動や心の変化について

二人目の妊娠で気をつけることは?つわりや上の子のケアなどの疑問を解決!

一人目の子どもの年齢にもよりますが、1歳の子どもでも環境の変化やお母さんやお父さんの変化には気づきます。

一人目にとっては、二人目がやって来ることは自分が選んだことではないため「お姉ちゃん・お兄ちゃんだから我慢して」というようなことを要求するのは理不尽に思われるでしょう。一般に赤ちゃん返りが起こると言われていますが、もともとの年齢が低くできることが少ないと、赤ちゃん返りが目立たないこともあります。

二人目の妊娠で注意したい上の子のケア

二人目の妊娠で気をつけることは?つわりや上の子のケアなどの疑問を解決!

一人目の子どもの年齢に応じて、妊娠中から二人目が生まれてくることを説明し、一人目への愛情が減るわけではないことを言い聞かせます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.