2019年6月5日 12:00|ウーマンエキサイト

理想の子ども時代をまさに追体験! 子育てをして気づいた幼少時代の願望【こしいみほの愉快な子育て 第11話】

こしいみほ
ライター (コミックライター)
こしいみほ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
小さいころから絵を描くことが好きでした。

専門的に学ぶことはありませんでしたが、現在に至るまでお絵かきはずっと私の一番の趣味です。

うれしいことに娘も絵を描くことが好きなようで、今まで温存してきた(活用しきれなかったともいう)画材たちを使いながら一緒にお絵かきしています。

■母になって理想の子ども時代を追体験

私の両親は絵を全く描きません。

私が描いた絵を家に飾ってもらった記憶はなく、小さいころ描いた絵は残されていません。

特に悲しく思うことはなく、ただただ一人で勝手に描いていました。

しかし子どもと一緒に絵を描くようになって、「あぁ、これは私が小さい頃、親にして欲しかったことだったんだ」と気づく場面がたくさんありました。

理想の子ども時代をまさに追体験! 子育てをして気づいた幼少時代の願望【こしいみほの愉快な子育て 第11話】
お絵かきに限ったことではありません。

友人ファミリーと出かけたり、好きなアニメキャラクターについておしゃべりしたりすると、自分も小さい時にこんな体験ができていたらと思わずにはいられません。

自分が憧れていたけどできなかったことを、いま親の立場でかなえているのだと思うと、遊びに付き合ってくれているのは、むしろ子どもたちのほうなのかもしれません。

とはいえ、36色入りのクレヨンを渡したとき、初めてフィンガーペインティングをしたとき、娘の目はきらきら輝いていました。

絵を描き上げたとき、描いた絵を部屋に飾ったとき、とても満足そうな表情をしていました。

いいなぁ。めっちゃいいなぁ。

このまま一緒に絵を描いていきたいな。

絵を描くことを、ずっと好きでいてくれるといいな。
こしいみほ
こしいみほの更新通知を受けよう!
確認中
こしいみほ
こしいみほの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
こしいみほ
こしいみほの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
こしいみほ
こしいみほをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
こしいみほ
こしいみほの更新通知が届きます!
フォロー中
こしいみほ
こしいみほの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.