2020年2月19日 15:00|ウーマンエキサイト

悲しい…被害を打ち明けたのに信じてもらえなかった【私が子どものころ受けた性被害(5)】【いまじん男児育児 Vol.10】



悲しい…被害を打ち明けたのに信じてもらえなかった【私が子どものころ受けた性被害(5)】【いまじん男児育児 Vol.10】
加害者が知り合いだったり、教師や親、親戚の人などが相手だったりすると被害者が嘘つきだと思われることも多いと思います。そして、私の話は、加害者が子どもだったことで、打ち明けられた友人も「子どもがそんなことするわけない」と本当に思ったのでしょう。

友人も当時小学3年生だったので《そんな恐ろしいことが起きるわけがない!》という恐怖心もあって《被害者が嘘をついている》と思ってしまったのかもしれません。

大人でも信じがたい話を、子どもが信じられないのも無理ないことだったのかもしれませんが、信頼していた友人に勇気を出して打ち明けたのに、嘘つきだと思われてしまった私はショックでショックで、大人になる今まで、誰にも話せなくなっていました。

性被害者に対して、第三者がさらなる苦痛を与えるセカンドレイプと呼ばれる現象は、今でも多くみられます。最初の被害だけでもツラいできごとなのに、信じてもらえないということで、さらに心の傷を受けてしまう可能性があるのです。

悲しい…被害を打ち明けたのに信じてもらえなかった【私が子どものころ受けた性被害(5)】【いまじん男児育児 Vol.10】

もし子どもが誰かから受けた嫌なことを話してくれた時は、受け流さず、ちゃんと話を聞いてあげてほしいです。

次回は、もし子どもが被害にあってしまったときにどう対応するのがいいのか、被害経験者の立場で、私なりの考えをお話ししたいと思います。

読者アンケートにご協力ください (全2問)

Q.1 子ども時代に性被害を体験したことはありますか (必須)

Q.2 体験した、または目撃した性被害について体験談などがあれば教えてください。また、こちらの記事の感想やご意見などもお聞かせください (最大1000文字)

 
今じんこ
今じんこの更新通知を受けよう!
確認中
今じんこ
今じんこの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
今じんこ
今じんこの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
今じんこ
今じんこをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
今じんこ
今じんこの更新通知が届きます!
フォロー中
今じんこ
今じんこの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.