2021年1月27日 17:00|ウーマンエキサイト

私を陥れたのは母…!? 母の闇がようやく家族の明るみに【母が怖い 第3話】

母が怖い

母が怖い

幼少期から母に疎まれて育った私。兄と姉への接し方と私では明らかに異なる母。そんな母が怖くて、小学1年生の頃にはもうすでに自分から声をかけられなくなってしまいました。

■これまでの話
子どもの頃、母との接点は私が怒られるときだけ。それは中学になっても変わらず、高校進学するときは一人暮らしをさせて欲しいと思っていたけれど…。

今回の話は、具体的な描写が含まれます。トラウマやフラッシュバックの可能性がある方、不快に思われる方は閲覧をお控えください。

■母に怯える毎日のなかで事件が…!

幼児期から母に疎まれて育った私。
成長とともに母は私への態度がどんどんひどくなり、家では私は母に怯えながら生活をしていました。

私が母の生活圏にいるとイライラされrため、トイレとお風呂以外は自分の部屋にこもっているような生活でした。どうしても母親のいる一階に行かなくては行けない時はとてもビクビクしていました。来年4月からはムードメーカーの姉が進学で家を出て一人暮らしを始めます。そうなるとほぼ母と2人きりの生活。高校で家を出たいとう希望はありつつも、父に聞き入れてもらえるかわからない。今、母との距離を縮める努力をしなければ…と思いました。私が中学生の頃、インターネットは普及しておらずお年玉付郵便はがきの当選発表は新聞紙に掲載が主流でした。私も新聞紙と貰った年賀状を照らし合わせ、当選葉書を探していました。そして、チェックしたとに「新聞紙をコタツの上に置いておくね」と言葉を添えてその場を離れました。翌朝、母から当選番号が書かれた新聞紙の場所を聞かれ、「こたつの上においたよ」と昨日伝えたのにな…と思いながら答えました。母親が「あんたが無くしたのよ!」「どうすんのよ!」と大きな声で朝から私を責めてきました。しかし私は「昨晩、こたつの上においたし、そのときに母親に伝えた」としっかり覚えていました年賀状の当選番号が書かれた新聞紙。郵便局に行けば貰えるものなのに、母親はすごい剣幕でとん奈を責め立てます。

急に激高した母。「責任取れ」と言われてもどうしていいのかわからずに立ち尽くしていると…。
シャトー とん奈
シャトー とん奈の更新通知を受けよう!
確認中
シャトー とん奈
シャトー とん奈の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
シャトー とん奈
シャトー とん奈の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
シャトー とん奈
シャトー とん奈をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
シャトー とん奈
シャトー とん奈の更新通知が届きます!
フォロー中
シャトー とん奈
シャトー とん奈の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.