子育て情報『世界一可愛いクレーマー「#赤ちゃん相談室」 思わず笑える子育て指南書に共感の声』

2020年9月5日 08:40

世界一可愛いクレーマー「#赤ちゃん相談室」 思わず笑える子育て指南書に共感の声

世界一可愛いクレーマー「#赤ちゃん相談室」(宝島社)

世界一可愛いクレーマー「#赤ちゃん相談室」(宝島社)


Twitterのトレンドトピックにもなった「#赤ちゃん相談室」の人気投稿をまとめた本が発売された。赤ちゃん目線のユニークなクレームと、カスタマーサービス風に答える親の回答は、育児の現場で奮闘するパパやママの間で共感を呼び、思わず笑えると話題になった。そのハッシュタグの生みの親であるもーちゃんさんに、SNS投稿のきっかけや反響について聞いた。

◆視点を変えるだけでグチや自慢がポジティブに…SNSなら皆と楽しく共有できる

――「もしも赤ちゃんが話せたら、どんなクレームが寄せられ、スタッフ(親)はどう答えるだろうか?」というQ&Aをハッシュタグにした架空のサービスセンター「#赤ちゃん相談室」をTwitterで投稿したきっかけを教えて下さい。

【もーちゃんさん】私は普段から、赤ちゃんは何を考えてるのかなぁと思いながら接しています。機嫌が良い時や泣いてる時も、赤ちゃんの表情や反応を見て、今どんなことを考えているのか、どんな風に思っているのか、その気持ちを必死になって探っています。それは私だけではなく、きっと多くのママやパパも同じだと思うんですね。話すことができないからこそわかってあげたい。でもわかってあげられているのか不安で。

――同じ思いや悩みの親たちは、多くいると思います。

【もーちゃんさん】苦しい時もあるし、我が子を自慢したい時もある。そういう気持ちを全部ひっくるめて、楽しく皆と共有できたらいいなという思いで始めました。視点を変えるだけで、ちょっとしたグチや自慢も、皆と楽しく共有できると思います。悩み事を吐き出せないパパやママもこの形(#赤ちゃん相談室)なら共有しやすく、楽しいかなと。苦しい時を共有し、笑い合う仲間がいることは、とてもステキだと思うんです。

――SNSでの反響はいかがでしたか?

【もーちゃんさん】子育て中の方はもちろん、孫育て中の方や、社会人や学生の方など、本当にさまざまな世代の方から反響をいただけたことが嬉かったですし、意外でもありました。

――大喜利のようにさまざまな方から投稿されるようになりましたが、もーちゃんさんの投稿「#赤ちゃん相談室」がここまで広がると思っていましたか?
【もーちゃんさん】ここまでたくさんの方が参加してくださるとは思わなかったのでびっくりしました。そして、とても嬉しかったです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.