子育て情報『包むだけ!?子どもがレタスをもりもり食べるようになったワケ』

2020年9月12日 11:00

包むだけ!?子どもがレタスをもりもり食べるようになったワケ

わが家の5歳と2歳の娘は生野菜をあまり好みません。特に葉っぱ系は苦手。
コールスローやマカロニサラダ、温野菜などは喜んで食べますが、どうしてもひと手間かかります。
手間なく野菜を追加したい時、いわゆる「サラダ」を食べてくれたらどんなにラクか…と思っていました。
スーパーで新鮮なレタスを見つけても、「子どもたち食べるかな、使い切れるかな」と悩んで買い渋った経験も。
今回はわが家の子どもたちがレタスをもりもり食べるようになった方法をご紹介します。

子どもは包むのが好き!

目次

・子どもは包むのが好き!
・仕上げは食卓で!それだけで食欲アップ
包むだけ!?子どもがレタスをもりもり食べるようになったワケ


レタスなどのサラダを食べない子どもたちのために、わが家では包み料理を導入しました。
「包み料理」なんていうと手がかかる料理を想像するかもしれませんが、わが家の包み料理は至ってシンプル!
通常のサラダのように、生野菜をカットするのではなく、「自分で包んで食べる」というスタイルに変えただけ。
それなのに、びっくりするほど食べるんです。もともと食の細い次女ですら、もっともっとと言って食べるから驚きです。

ひと玉丸ごと!一番人気はレタス巻き
包み料理の中でも一番人気は、ひき肉のレタス巻き。豚ひき肉か合挽肉を味噌などで味つけし、レタスで包んで食べるシンプルなメニュー。
お肉と一緒に玉ねぎやにんじん、きのこなどをみじん切りにして炒めてしまえば、それだけで野菜がたっぷり食べられるのもうれしいポイントです。
家族4人でレタスひと玉を食べきれてしまうので、大量消費したいときにもピッタリです。
この食べ方をするようになってから、娘たちは焼肉もサンチュで包んで食べるようになりました。

包むだけ!?子どもがレタスをもりもり食べるようになったワケ


生春巻きやタコスも!
生春巻やタコスもレタスをたくさん食べてくれる包み料理のひとつです。
生春巻きの場合、中身を食べやすい豚しゃぶにし、レタスやにんじんと一緒に包むところから手伝ってもらいます。
タコスはたっぷりのレタスにタコミートとトマト、チーズ、アボカドなどを自分でトッピングしてもらいます。
同じ具材をサラダとして出しても食べないのに、包むと食べる。それを繰り返すうちに、レタスのおいしさに気づいた娘たち。
今ではから揚げなどのつけ合わせのレタスも食べてくれるようになりました!野菜以外でも!
実はこの手法、野菜に限らず、他のものでも使えます。たとえば、子どもに人気のツナ。長女はあまり好きではなかったのですが、これを自分で巻いて食べるスタイルの手巻き寿司にすると食べるのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.