子育て情報『バッチリメイク派だった私がコロナ禍で変わったこと気づいたこと』

2020年11月8日 11:20

バッチリメイク派だった私がコロナ禍で変わったこと気づいたこと

みなさん、普段のメイクはどうしていますか?
私はこれまでバッチリメイク派だったのですが、コロナ禍の自粛生活を経て変化が…。
今回は私とママ友たちのメイクの変化と、マスクするときに私が気をつけているアイメイクのコツをお伝えします。

目次

・まわりのママ友にリサーチ!「メイクどうしてる?」
・これまでの私のメイクと現在のメイク
・現在はバッチリアイメイクにちょこっとプラス
・最低限キレイに見えるアイメイクの極意
・落ちにくいベースで肌づくりも
・メイクすることの大切さを実感!


バッチリメイク派だった私がコロナ禍で変わったこと気づいたこと


まわりのママ友にリサーチ!「メイクどうしてる?」

まわりのママ友を見てみると、園の雰囲気や仕事の有無などによるかと思いますが、見た目はコロナ前と変わらない人がほとんど。
でも詳しく聞いてみたところ、ベースメイクやファンデーションは塗らなくなったと言う人がチラホラ。
マスクをしている部分は見えませんが、少しずつメイクの仕方に変化があるようです。

これまでの私のメイクと現在のメイク

コロナ前の私は基本バッチリメイク派でした。コスメや美容関連が大好きで、ネットやSNSで新しいアイテムが発売されると発売日にすぐチェックしに行くほど。
特に目元系アイテムはたくさんのメーカーのものを物色しては気に入ったものを取り入れ、月5000円ほどは必ず購入していました。
しかし、コロナ禍で自宅で過ごす時間が増え、知人に会うことのない毎日。ほぼスーパーのみの外出しかしなかったので、次第にメイクをする意味を感じなくなり、ノーメイクに。
緊急事態宣言が発令されてから3か月ほどはコスメ・美容代は0円。外出せずお店にも行かずで物色することすらない期間がありました。
また、自粛生活が始まった当時は、マスクが貴重なものだったので、使い捨てにしたくなかったこともあり、バッチリメイクをしてマスクが汚れるのもイヤでした。
それから数か月して、幼稚園が再開。送り迎えで外出せざるを得なくなったので、ノーメイクからアイメイクのみとなりました。

現在はバッチリアイメイクにちょこっとプラス

「アイメイクだけで充分でしょ」と思っていた私ですが、実際はマスクを外すシーンもチラホラ。働いている方ならなおさら、ランチ時などマスクを外さなければならないことがありますよね。
アイメイクだけでは足りないと感じた私は、バッチリアイメイクにプラスアルファをするようになりました。

色落ちしにくいティントリップで彩りを
私の場合、アイメイクだけでマスクを外してしまうとチークもリップもないので血色が悪く、なんだか疲れてるの?調子悪い?と思われがちなので、ノーファンデでもチークやティントリップを塗ります。ティントリップは色素に染料を用いているので、時間が経っても色落ちしにくいので重宝します。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.