子育て情報『【医師監修】自然分娩と無痛分娩、メリットとリスク・費用や方法の違いは?』

2017年11月27日 16:25

【医師監修】自然分娩と無痛分娩、メリットとリスク・費用や方法の違いは?

どのような出産方法を選ぶかは、妊婦さんにとって大切な問題です。分娩方法には大きく分けて自然と無痛の2つがありますが、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?気になる出産費用も含め、詳しく説明します。

この記事の監修ドクター

東峯婦人クリニック 松峯美貴先生

日本産婦人科学会専門医 東峯婦人クリニック

思春期から老年期の女性の悩みをささいなこと、恥ずかしくて聞けないことでもざっくばらんににきける身近な外来をめざしています。女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍するあなたのお手伝いをします。

http://www.toho-clinic.or.jp/

自然分娩と無痛分娩の違い

目次

・自然分娩と無痛分娩の違い
・メリット1:呼吸器、循環器への負担を軽減できる
・メリット2:精神面へのストレスを緩和できる
・メリット3:産後の回復が早い
・メリット4:万が一のトラブルに迅速に対応できる
・無痛分娩の方法とリスク
・気になる費用はどれくらい?
・まとめ
653004496


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


なんとなくイメージはあっても、分娩の具体的な方法や違いがわからない方は多いはず。まずは、自然分娩と無痛分娩がそれぞれどのような出産方法なのかを解説します。

自然分娩とは?
自然分娩とは、医療介入を行わない経腟分娩です。医療介入をしないといっても、まったく行わない、促進剤の使用までは含まれる、吸引や鉗子までも含むなど考え方はさまざまで、はっきりとした定義はありません。主には、病院側の都合による医療介入は行わない分娩と考えられるでしょう。例えば、予定日になったからと人工的に陣痛を起こしたりはしないということです。問題がなければ自然の流れに任せ、赤ちゃんと母体に危険があると判断された時のみ、促進剤や吸引、鉗子などの医療的措置が行われます。

本来、出産とは自然の営みです。自然分娩はその考えに相反しない方法なので、薬などに頼らず自分の力で産みたい、それが本来の形であると考える妊婦さんに適しています。大きな痛みはともないますが、だからこそ産まれた時の感動もひとしおと言えるでしょう。

ただし、出産は命がけの行為です。医療の発達により周産期(妊娠28週以降)に亡くなる命は少なくなりましたが、危険がないわけではありません。無事に産むには妊娠中の管理が必要不可欠ですし、万が一のことがあれば医療的処置が必要です。このように大変な行為であるため、何時間もの痛みを耐え抜いて産んだ後の母体はダメージが大きく、回復にも時間がかかります。デメリットを考慮し、体の状態を見て判断しましょう。特に、痛みに人一倍弱い、何らかの持病がある、高齢出産で体力に自信がないという方は、医師に相談しながら慎重に決めてください。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.