子育て情報『【医師監修】妊活にも! 女性ホルモンを増やすサプリメントの選び方』

2017年9月9日 19:00

【医師監修】妊活にも! 女性ホルモンを増やすサプリメントの選び方

妊娠しやすい体をつくるには、女性ホルモンがバランスよく分泌されていなければなりません。そこで、女性ホルモンの分泌をサポートするとされているサプリメントの選び方をご紹介します。妊活に使われているサプリメントに期待できる働きを知っておきましょう。サプリメントを使用する際の注意点もお伝えします。

この記事の監修ドクター

目次

・女性ホルモンの調節におすすめのサプリメント
・妊活にサプリメントを使う際の5つの注意点
・まとめ


むさしのレディースクリニック院長大田昌治先生

武蔵境駅北口より徒歩2分の助産師がいる産科・婦人科クリニックです。
いつも患者様に寄り添っていける産婦人科のかかりつけ医でありたいと思っています。女性のトータルライフをサポートしていきます。
http://musashino-ladies.jp

女性ホルモンの調節におすすめのサプリメント

620373526


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


女性ホルモンの豆知識
女性が妊娠・出産できるのは女性ホルモンの働きのおかげです。脳の指令を受けて卵巣でつくられるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)がバランスよく分泌されることによって生理が周期的に訪れるなどして妊娠に備えた体がつくられ、妊娠後にも胎児を守るなど妊娠や出産に欠かせない役割を担っているのです。

ですから、妊娠しやすい体をつくるためにはサプリメントを摂取して女性ホルモンの分泌をサポートするのもひとつの方法です。

女性ホルモンと似た作用のある「イソフラボン」
大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きをすることがわかっています。イソフラボンを摂取すると、女性ホルモンの減少が原因で起こる更年期障害の症状がやわらいだという調査結果の報告もあります。
ただし、イソフラボンをとり過ぎるとホルモンバランスを崩すおそれもあるので、食品安全委員会では1日30mgを上限として摂取するよう定めています。

女性ホルモンのもとになる「DHEA」
日本では医薬品として扱われているので市販されていませんが、女性ホルモンを補う働きをしていると考えられているDHEAも注目されています。
しかし、DHEAは男性ホルモンのもとでもあるので、ニキビができる、ひげが濃くなるといった副作用があらわれる可能性があります。人気のサプリ「マカ」の効果とは
滋養強壮サプリメントとして知られているマカはアミノ酸やビタミン、ミネラルといった栄養素がバランスよく含まれているので、不妊対策としても使われています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.