子育て情報『【医師監修】おりものの色で病気がわかる!? 注意すべき色と変化』

2017年10月31日 18:29

【医師監修】おりものの色で病気がわかる!? 注意すべき色と変化

■透明や卵白っぽい半透明
通常時のおりものの色です。ただし、白色が濃い場合、あるいは黄色が混じる場合は、膿混じりなどの異常がある可能性があります。

■黄色や黄緑
細菌感染などによる腟炎を起こしている可能性があります。

■赤、ピンク、茶色など
月経前後の場合、生理的である可能性もありますが、不正出血の可能性があります。また、妊娠初期の「着床出血」、もしくは妊娠後期の「おしるし」という可能性も。妊娠中に赤、ピンクなど、おりものに血が混じるようであれば、切迫早産・流産の可能性もあるため、かかりつけの産婦人科医などに相談しましょう。

まとめ

おりものの状態は、健康や妊娠のバロメーターとなります。色の変化が常に異常というわけではありませんが、悪臭やかゆみなど、他に気になる症状がある場合は、速やかに病院を訪れることをおすすめします。また子宮頸癌や子宮体癌は不正出血があると思われがちですが、おりものの変化として出る場合もありますし、もちろん初期の癌であれば症状は無いことが多いです。おりものの様子だけでは自己判断せず、1年に1回は婦人科の定期検診をうけるようにしましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.