子育て情報『<年齢別>ブロックおもちゃ人気の9選、発達におけるメリット5つ』

2017年9月18日 08:00

<年齢別>ブロックおもちゃ人気の9選、発達におけるメリット5つ

子どもにどんなオモチャが適しているのかは、どの家庭でも気になるところですよね。ブロックは子どもが熱中するだけでなく、脳の発達を促進する効果がいっぱいつまったオモチャなんです。おすすめ理由を見ていきましょう。

1歳におすすめのブロックおもちゃは?

目次

・1歳におすすめのブロックおもちゃは?
・2歳が飛びつくブロックのおもちゃは!?
・3~4歳向きのブロックおもちゃをチェック!!
・まとめ
500813078


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


ブロックおもちゃが赤ちゃんに与えるメリット5つ!!
★【集中力が養われる】
さまざまなことに興味を持つ、赤ちゃんの時期。幅広い好奇心も大切ですが、ひとつの物事に集中する集中力も養いたいですね。ブロックには、子どもの集中力を高める効果があります。手先を使ってモノを作り上げるので達成感もありますし、脳がフル回転します。

★【指先の発達を促して器用になる】
手先の器用さを養うのにピッタリの玩具がブロック。指先に力を入れて摘むという行為は、細やかな作業の基礎となります。幼い頃に器用に指を動かすことを覚えると、大人になっても器用でいることが多いといいます。

★【片付けの練習にぴったり】
子どもたちの苦手な片付け。「ちゃんと片付けないと、捨てちゃうよ!!」と怒鳴ってしまうことも多いのでは?そして、子どもはどんどんと片付け嫌いに…という悪循環。子どもたちが楽しくブロックを片付けできるように、色分けで収納したり、専用カートを作ったりしてみましょう。散らかる原因だったブロック遊びが、片付けの練習に早変わりします。

★【3次元的思考をマスターしやすくなる】
目で見えない部分を想像して空間を把握する3次元的思考は、動物にはない人間だけの能力だといわれています。幼少期に3次元的思考を身につけていると、発達しやすくなります。この3次元的思考をマスターするのにブロックは最適です。

★【右脳が刺激され、想像力が育まれる】
全ての発育は指先からと言われるように、指先を動かすことは脳の発達を促します。とくに完成系をイメージしながら行うブロック遊びは、想像力をつかさどる右脳の発達に効果があるといわれています。3歳までに右脳を発達させる教育を受けた人は、成人してさまざまな分野で活躍しているという報告もあるようです。

ブロックの作り方、四角い種類を並べるだけでOK!?
ブロックの基本は、四角い種類を並べるところからですが、年齢とともに、三角形、五角形と種類が増えてきます。大人用の玩具などにも、同じ形のピースを使って複雑なモノを作り上げるというものもあり、種類が多ければよいというものではありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.