子育て情報『上履き入れの簡単な作り方! 生地選びと3つのポイント』

2017年9月24日 08:00

上履き入れの簡単な作り方! 生地選びと3つのポイント

通園・通学グッズとして必須の上履き入れ。せっかくなので手作りのものを持たせてあげたい!というママも多いかもしれませんね。でも実際どういう風に作ればいいのか…、そんな疑問に答えるために、上履きの簡単な作り方をご紹介しましょう。

保育園や幼稚園、小学校の上履き入れにぴったりの生地選び

目次

・保育園や幼稚園、小学校の上履き入れにぴったりの生地選び
・巾着で裏地なしが簡単! 上履き入れの型紙をチェックしよう
・使いやすい上履き入れ作りのポイント
・まとめ
500454265


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


通園・通学グッズとして必須の上履き入れは、長く使うので、生地選びがとても重要です。とはいえ、手芸屋にはたくさんの種類の生地が売られているため、どれを買うべきか迷ってしまうことかと思います。生地の種類と、それぞれの特性を覚えておきましょう!

型崩れしにくいのはキルティング!でも園によっては禁止のことも…
キルティングは中に綿が入っているため厚みがあり、型のしっかりとしたバッグを作ることができます。また、丈夫さにかけてもピカイチ。そのためキルティング生地を指定する園もあるようなのですが、一方でその厚みがかさばるという理由から、キルティング禁止の園もあります。

オックスは上履き入れの代表生地!!
プリント生地で多いオックスは、上履き入れの代表的な生地。適度な張りがあって縫いやすいだけでなく、ジグザグ処理がしやすいので縫いしろの加工もスムーズです。柔らかく丈夫で使いやすい反面、やや厚手の生地であるため、巾着タイプの場合は口を絞りにくいことがあるかもしれません。

光沢があるブロードで作る上履き入れは見た目もきれい!!
つるっとして光沢のある表面がきれいなブロードは、比較的薄手ですが、生地の目が詰まっているので、張りがあって丈夫です。洋服にもよく使われていますし、通園グッズ用の生地としても売られています。

キャンバスで手縫いした上履き入れは丈夫だけど縮みやすい!?
綿もしくは麻で織られた厚手で丈夫なキャンバス生地。通学グッズ用として販売されている「綿麻キャンバス」は薄手で縫いやすいですが、麻の混じった素材は縮みやすいという特性があるため、注意して扱いましょう。また、麻はシワにもなりやすいです。

柄が豊富で安いシーチングも上履き入れ向け!!
もともとはシーツ用という意味だった、薄手の木綿生地がシーチング。柔らかくふんわりした触り心地と適度な厚みが特徴ですが、表面が少し毛羽だってしまうことも。しかし安価で柄物の種類も多く揃っているため、用途が多くて人気の生地です。

巾着で裏地なしが簡単! 上履き入れの型紙をチェックしよう

614426210


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


生地を選んだら次は、どんな型の上履き入れにするかを決めます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.