子育て情報『【医師監修】便秘解消の基本って? 主な原因と注意したい体への影響』

2017年10月18日 19:49

【医師監修】便秘解消の基本って? 主な原因と注意したい体への影響

女性は便秘に悩まされがちですが、便秘が続くと、単にスッキリしないというだけでなく、お肌や体にさまざまなトラブルがもたらされます。ここでは、そんな便秘から開放されるための便秘解消法をご紹介していきます。

この記事の監修ドクター

古川真依子先生

2003年東京女子医科大学卒業。東京女子医科大学病院附属青山病院消化器内科医療錬士として関連病院等に出向、2008年に帰局後助教として勤務。2013年より東京ミッドタウンクリニック勤務。女医+(じょいぷらす)所属。

http://www.tokyomidtown-mc.jp/

なぜ便秘になるの!?

目次

・なぜ便秘になるの!?
・機能性便秘
・器質性便秘
・腹筋が弱い
・無理なダイエット
・恥ずかしくてトイレを我慢しがち
・女性ホルモンの影響
・便秘が及ぼす影響とは
・肌荒れ、吹き出物
・肩こり、腰痛、冷え、むくみ
・消化器の症状
・痔
・即効性のある便秘解消法とは
・規則正しい食生活を
・食物繊維をとる
・乳酸菌をとる
・水分をしっかり補給
・おへそのぞき
・足上げ
・コの字体操
・ウエストひねり
・ツボを押すときのポイント
・合谷(ごうこく)
・神門(しんもん)
・三陰交(さんいんこう)
・足の三里(あしのさんり)
・大巨(だいご)
・天枢(てんすう)
・まとめ
672269576


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


便秘の種類別で見る原因
便秘は、原因によっていくつかの種類があり、まず大きく「機能性便秘」と「器質性便秘」の2種類に分類されます。

機能性便秘

生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、加齢などの影響で、腸の機能が低下することで起こる便秘のことで、一般的に「便秘」と呼ばれるのは、こちらのタイプです。機能性便秘は、さらに「弛緩性便秘」「けいれん性便秘」「直腸性(習慣性)便秘」の3つに細かく分類されます。

(1)弛緩性便秘
健康的な大腸は、縮んでは緩むという「ぜん動運動」を繰り返すことで、便を直腸へと送り出しています。ところが、大腸を動かす筋力が低下しているために、このぜん動運動が弱くなり、便をスムーズに押し出せなくなって生じるのが弛緩性便秘です。腹筋が弱い女性や高齢者に多く見られますが、過度なダイエット(食事量が少ない)、偏った食生活、水分不足、運動不足なども誘因になります。日本人の便秘の多くは、このタイプだと言われています。

(2)けいれん性便秘
ぜんどう運動が強くなりすぎて、腸が持続的にけいれんに近い動きを起こしているために、便がスムーズに送られなくなって生じる便秘です。ストレスなどの影響で、腸の動きを自動的にコントロールしている「自律神経」の働きが乱れている人に多く見られます。けいれん性便秘では、小さくて硬い、コロコロした便が出るのが特徴です。また、大腸が過過敏に働いているので、食後に下腹部痛を感じやすい傾向があります。(3)直腸性(習慣性)便秘
直腸に便が到達しているのに、便意が起こらないことで生じる便秘です。通常は、大腸から直腸に便が運ばれてくると、その刺激が直腸壁の骨盤神経から仙髄(背骨の腰のあたり)の排便中枢に伝わり、信号が脳に届いて、便意がもよおされます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.