子育て情報『ベビー用品レンタルのメリットデメリット! 賢い借り方とお得なサービスは?』

2017年10月5日 09:00

ベビー用品レンタルのメリットデメリット! 賢い借り方とお得なサービスは?

妊娠後期後半に入ると、ベビーを迎える準備もそろそろ。特に初産の場合は、何が本当に必要なのかわからないので、ネットや雑誌の準備リストを参考にしながら、つい揃えることに気合が入ってしまいますが、全部そろえるとなると予算も心配……。そこでおすすめなのがベビー用品のレンタルです。

ベビー用品、レンタルするべき?

目次

・ベビー用品、レンタルするべき?
・ベビー用品の賢い借り方
・ナイスベビー
・かしてネッと
・ホクソンベビー
・ベビー用品レンタルの注意点
・まとめ
627312536


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


ベビー用品には2,3万円~10数万と高額なものも多く、すべて購入して揃えるとなると結構な予算が必要です。基本的に期間限定でしか使わないベビー用品、中には半年程度しか利用しない場合のものもあるのに、高いお金をかけるのはもったいないですよね。ベビー用品はレンタルと購入を賢く使い分けながら揃えていくのがおすすめです。

ベビー用品のレンタルってお得?メリットデメリット
レンタルの最大のメリットはなんといっても購入するよりも価格が安いこと。また保管する場所が不要なことです。赤ちゃんとの生活は予測不可能なことの連続。例えば寝心地良さそうなベビーベッドを奮発して購入したけれど、ベッドでは全く寝ず添い寝でしか寝てくれなかったり、ハイローチェアを購入したけれども1分もおとなしく座ってくれない……といったふうに、こちらの予想通りにいかないことは日常茶飯事。高価なものや場所をとるもの、赤ちゃんとの相性が不安なものなどはレンタルするのがおすすめですよ。

借りられる物と料金相場は?
レンタルサービスによって若干の差はありますが、ベビーベッドやベビーカー、チャイルドシートなど赤ちゃんのお世話に必要なものは基本的にどこのサービスでもほとんどレンタルが可能です。料金はサービスや対象商品によってかなりの差がありますが、例えばベビーベッドなら半年レンタルして1万円前後、ハイローチェアなら半年で三万程度が料金相場。他にも、購入するには躊躇してしまう大型タイプのおもちゃなどもレンタルできますよ。

ベビー用品の賢い借り方

615926522


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


ベビー用品で借りると良い物・借りなくても良い物
ベビーベッドやバウンサー、ハイローチェアなど、試用期間が短いものや赤ちゃんの性格や実際のお世話・生活次第で使用するか不明なものはレンタルで十分事足ります。反対に抱っこ紐やベビーカーなど長期間必ず使うものは購入しても良いでしょう。

借りて良かった!おすすめのベビー用品
大多数のママさんがレンタルしているのがベビーベッド。購入となると2万〜3万程度はするものですし、赤ちゃんがベビーベッドで寝てくれるか大人のベッドで添い寝になるかは実際生活が始まってみないとわからなかったりするので、レンタルで済ますご家庭がほとんどのよう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.