子育て情報『授乳ケープの便利な使い方は? 知っておきたい3つのマナー』

2017年10月26日 08:08

授乳ケープの便利な使い方は? 知っておきたい3つのマナー

授乳ケープはいろんな種類があり、初めての方だとどんなものがいいかわからず悩んでしまいますよね。おすすめの授乳ケープと使い方を紹介します。

授乳ケープは絶対おすすめ!使い方次第で応用できる

目次

・授乳ケープは絶対おすすめ!使い方次第で応用できる
・使い方が難しい授乳ケープの種類が知りたい!
・赤ちゃんの顔が見える
・夏や暖房が効いた室内でも蒸れにくい
・コンパクトにしまいにくいタイプ
・横から丸見えになるタイプ
・静電気が起きやすい素材にも要注意
・こんな使い方はNG!授乳ケープの3つのマナー
・まとめ
107908276


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


先輩ママたちも授乳ケープを持っていて大助かりだったという人も多いようです。母乳で育てる予定の方は、授乳ケープを1つ準備しておきましょう。

入院前に使い方を覚えるのがおすすめ!見舞い客対策に役立つ
授乳ケープを購入予定なら、出産前に用意しておきましょう。入院中にも赤ちゃんには母乳をあげなければならず、お見舞いに来ている人がいるときに持っていると便利です。産後は個室だけでなく数人が同室のこともあるため、他の方のお見舞いで人が来ているときにも、授乳ケープがあると重宝します。

授乳室がない場所でも安心
授乳ケープは授乳室がないときに活用できます。最近はどの施設でも子ども連れで訪れやすいように工夫をしているところが増えており、授乳室やおむつコーナーなども設置されているようです。しかし、外出する場所で絶対授乳室があるとは限らないため、授乳ケープを持っていると助かる場面も多いでしょう。

自宅で? 夫の目が気になるママの意外な使い方も
自宅でも、夫や子どもの前でおっぱいを出すのを避けたい方も多いのではないでしょうか。赤ちゃんが生まれたばかりの家庭では、別室が設けられず授乳で他の部屋に移動できないこともあります。また、自分や夫の実家に行く際にも、授乳ケープがあると役立ちます。

こんな使い方も!案外見られている車内は授乳ケープでカバー
赤ちゃんがまだ小さいと車で移動することもあるため、車内で使える授乳ケープがあると役立ちます。産後すぐの赤ちゃんは授乳の間隔が短く、車内で授乳が必要に必要になることもあるでしょう。車の中は外からも見られているため、さりげなくカバーできる授乳ケープを用意しておきましょう。

使い方が難しい授乳ケープの種類が知りたい!

145073810


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


授乳ケープが活用できるのがわかったら、次は授乳ケープの種類を知っておく必要があります。持ち運びのしやすさや、使いやすさで選んでみましょう。

基本的な使い方とコツをチェック
まずは授乳ケープを使うシーンを想像してみましょう。授乳ケープにはエプロン型、ポンチョ型、ストール型の3つのタイプがあります。エプロンは首から掛けて使用し、ポンチョは上からかぶって使います。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.