子育て情報『マザーズリュックの中身は何を入れる?大容量のおすすめタイプを紹介』

2017年11月13日 06:48

マザーズリュックの中身は何を入れる?大容量のおすすめタイプを紹介

小さい子どもがいる時期は、とても便利なマザーズバッグ。中でも、両手が自由に使えるマザーズリュックは、おしゃれなのに大容量で使いやすいですね。今回は、マザーズバッグの仕組みを、現役ママライターが詳しくご紹介します。子どもが歩くようになってリュックタイプに変えたいと考えているママは必見です。

人気急上昇中!中身がたくさん入るマザーズリュック

目次

・人気急上昇中!中身がたくさん入るマザーズリュック
・<マザーズリュックの3大メリット>
・中身を整理しやすいタイプが人気!マザーズリュックの選び方
・中身が収まりやすいマザーズリュックブランド5選
・まとめ
618545256


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


マザーズバッグの中でも、とくにリュックタイプが最近人気になっていることをご存知でしょうか?
特に、これまでトートタイプを使ってきたけれど、子どもが歩くようになってリュックタイプに変えたいと考えているママは必見です。

大容量なのに背負えるから両手を使えるし、動きやすい、そんな人気のマザーズリュックの中身をご紹介します。

バッグより主流になりつつあるマザーズリュック
筆者が長男を生んだ2010年当時は、マザーズバックと検索するとトートタイプのものがズラっと表示されるのが普通で、3度もトートタイプを購入しました。

しかし、とにかく子どもとのお出かけは荷物が多いため、トートを片側の肩にかけることで肩こりがひどくなったり、動きも制限されてしまいがちでした。

かといってリュックは容量がピッタリくるものがなく、容量の多いものは本格的なアウトドア向けで服装に合わないし……と悩んでいたのですが、最近は大容量なのに軽量でおしゃれなマザーズリュックが主流になりつつあるんです。まさにママのかゆいところに手が届く商品といえますね。

中身が多いママに!マザーズリュックの3大メリット
荷物が多いママには、トートタイプよりも断然リュックタイプがおすすめです。理由は以下のとおり。

<マザーズリュックの3大メリット>

①両手が自由に使える

②トートに比べて疲れにくい

③多少重くても背負うことで軽減される

①は言わずもがな、歩き出すようになった子どもとのお出かけでは、手をつないで歩いたり、転びそうになるのをサポートしたり、フットワークの軽さが求められます。

特に、妊娠中のママは、上の子供の手を引いて、お腹に赤ちゃんがいて、階段は手すりも持ちたいし……となると、リュック以外の選択肢はもはや考えられないほど!②、③はみなさん経験があると思いますが、重たい荷物をトートで持ち続けると肩が痛くなってしまいますよね……。かけやすい方ばかりかけてしまうので、骨盤なども歪みがち。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.