子育て情報『【医師監修】生理で生じるツラい10の症状とは?』

2017年11月25日 14:12

【医師監修】生理で生じるツラい10の症状とは?

頭痛は生理前におこりやすい症状です。これもホルモンによる影響で、血管が拡張することでおこります。黄体期になればいつもより体温が高くなるため、熱っぽい感じがする場合もあるでしょう。生理前は体が水分をため込もうとするため、便秘やむくみが発生しやすい時期です。

ココロの症状
生理前になるとホルモンバランスが変化して、ココロにも影響があらわれます。イライラしやすく、倦怠感があり、眠気も強くなる傾向があるようです。ホルモンバランスはストレスでも影響を受けやすいため、生理前にはリラックスできる環境を整えましょう。生理前の症状がひどい状態をPMS(月経前症候群)と呼び、攻撃的となって不安感や憂うつ感などを訴える方もいます。

ツラい生理の症状!和らげ方とは

470368956


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


毎月の生理で痛みが強いなら、できるだけ痛みを緩和させる対処をしてみましょう。生活習慣の改善やツボ押し、薬を使う方法があります。

生活習慣を改善して痛みを予防
規則正しい生活を心がけて、ホルモンのリズムを整えることが大切です。生理不順がある方は、女性ホルモンのバランスが乱れている可能性があります。バランスのとれた食事、適度な運動を心がけて血流が良くなると、生理痛の原因であるプロスタグランジンの代謝もよくなるため、生理痛改善につながります。冷える服装も体の血流が悪くなりますから、服装に注意しながら入浴で体を温めましょう。

■生理痛を和らげるツボと運動とは
お腹には生理痛緩和が期待できるツボが多数あります。おへそから指2本下の「気海」、おへそから指4本下の「開元」、開元から指1本下の「中極」、中局から左右に指3本分の「帰来」を刺激しましょう。軽い生理痛の場合は適度な運動で改善する場合があります。
腰に手を当て、腰が地面と水平になるように円を描くようにまわします。骨盤を動かすことで血流がよくなり生理痛の改善が期待できます。また軽くウオーキングをするのもお勧めです。動くことで痛みがひどくなる場合や痛みが強い場合は、運動はしないほうがよいでしょう。

生理痛を和らげる薬は
生理痛があるようなら、無理せずに薬を使うこともひとつの対策法です。たとえば、プロスタグランジンの生成を抑える効果が期待できる、イブプロフェン配合のものを使ってみましょう。イブA錠がこのタイプです。

生理痛専用薬として販売されている、エルペインコーワもあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.