子育て情報『ベビーサークルはあると便利?活用方法や選び方、人気商品を紹介』

ベビーサークルはあると便利?活用方法や選び方、人気商品を紹介

2017年11月14日 20:07
 

ベビーサークルは買って損はしないベビーアイテムの1つと言われています。西松屋や赤ちゃん本舗、楽天の折りたたみ式サークルやおしゃれで洗えるマットをご紹介するので、参考になれば幸いです。「一番安いのは?」「手作りは可能?」「レンタルでもOK?」など気になる疑問に答えます。

ベビーサークルを買うべきか迷い中のママ集合!

目次

・ベビーサークルを買うべきか迷い中のママ集合!
・レンタルは安い?ベビーサークルを手作りする方法
・人気店の売れ筋ベビーサークルを大公開
・Smart Angelらくらくベビーサークル5カ月~3歳頃まで
・キッズランド ベーシック(8,979円)6カ月~3歳頃まで
・洗えるソフトベビーサークルプレミアム5カ月~3歳半頃まで
・洗えてたためるポータブルベビーサークル5カ月~3歳半頃まで
・ミュージカルキッズランドDXトイパネル2枚セット6カ月~3歳半頃まで
・ベビーサークル ベアー ゾーン6カ月~5歳頃まで
・まとめ
540610422


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


ベビーサークルのリアルなメリット&デメリットをお伝えします。

何歳ぐらいまで使えるの?対象年齢を知りたい!
赤ちゃんを安全に遊ばせる場所を確保するベビーサークル、何歳から何歳ぐらいまで使うものなのでしょうか。室内でペットを飼っているご家庭だと、新生児の頃からベビーサークルが必要になりますが、一般的にはハイハイが始まる月齢が目安になります。ハイハイを始める月齢も個人差がありますが、早ければ生後5カ月頃からずりばいを始める赤ちゃんも。

具体的な対象年齢はベビーサークルによって異なりますが、大体7~8ヶ月ぐらいから設置する家庭が目立ちます。最初はいらないと思っていても、赤ちゃんの行動範囲が広がったことに焦り、慌てて購入するケースも珍しくありません。

邪魔になる?ベビーサークルのデメリット
ベビーサークルを買うのをためらう理由として、「使わなかったらどうしよう」と言う不安があるのではないでしょうか。確かにベビーサークルを嫌がる赤ちゃんもいます。ただ、最初はママも一緒に入って遊び、時間をかけて慣れさせることで、楽しい遊び場の1つにすることは十分に可能です。また、邪魔になるのが心配なママには、折りたたみ式のサークルがおすすめです。

見逃せないベビーサークルのメリット
気をつけていても、家の中には赤ちゃんにとって危ないものがたくさんあります。ずっとつきっきりでお世話できるママ、お手伝いの実母、お姑さんと一緒に暮らしているママはともかく、日中一人で赤ちゃんと過ごしているママは、トイレに行く時も大変です。

離乳食やミルクを準備する間、郵便物を受け取り間、トイレに行く間……24時間ずっと赤ちゃんを見張ることはできません。「ベビーサークルがあって良かった」と思える瞬間が必ずあるはずです。引き出しやコンセント周りなど触れて困るもの、危ないものから赤ちゃんを遠ざけることができますし、ベランダや玄関、階段、お風呂場など特に危険なスポットに近づかないよう、ガードすることができます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.