子育て情報『コンセントカバーで赤ちゃんの事故を防ぐ!必要な理由とおすすめの種類』

2017年11月15日 10:45

コンセントカバーで赤ちゃんの事故を防ぐ!必要な理由とおすすめの種類

赤ちゃんが誤飲しやすい?穴だけ塞ぐ安全キャップのネック
安全キャップやコンセントキャップと呼ばれる穴部分だけ覆うタイプのコンセントカバーは埃防止対策にも使われますが、サイズが小さくてすぐに外れてしまうのがネックです。赤ちゃんが誤飲しやすいので、もしどうしてもこのタイプのカバーを使う時は外れにくいものを選びましょう。

赤ちゃんの握力では外せなくても、ある程度成長すれば簡単に取り外してしまうので、1歳2歳を過ぎる頃には、もっと安全性の高いカバーに取り替える必要があります。

コンセントを丸ごとカバーするタイプが安全
赤ちゃんの事故対策なら、コンセントを丸ごとカバーするタイプが安心です。2連、3連になっているカバーも狙い目で、いくつかのコンセントをまとめるケーブルボックスタイプも便利です。このタイプのカバーはコードも引き抜きにくいので、火事の予防にもなります。コードがごちゃごちゃになっていると足が引っかかりやすいので、ケーブルボックスタイプのカバーは転倒防止にも効果を発揮します。

選ぶ時に気をつけること
コンセントカバーを選ぶ時は、赤ちゃんが誤飲しにくいもの、外しにくいものにしましょう。穴だけ塞ぐタイプのものでも、爪で持ち上げなくてはならないもの、丸みを帯びていて外しにくいものもあります。一番外しにくいフルカバータイプは、ロック機能がついているものもあります。

ただしネジで取りつけるタイプもあるので、壁に傷をつけたくない集合住宅にお住まいの方には不向きかも知れません。また、あまりにもかわいらしいデザインのカバーだと、逆に赤ちゃんの興味を引いていたずらされやすくなる可能性もあるので、透明や白などシンプルなタイプの方が安心と言う意見も。

事故から赤ちゃんを守る!おすすめコンセントカバー

488959321


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
すぐに購入できると評判のコンセントカバーをピックアップしました。

ダイソーなど100均の安全カバーも狙い目
ダイソーやキャンドゥ、セリア、ローソンストア100、ワッツ・ミーツ、シルク、ザ・ハンドレッドストアーズ、ダイコクドラッグ被百円ショップ、カーサ・プラスワン……等など、最近の100均ショップは赤ちゃんの安全対策グッズを多く取り揃えるようになっています。

コンセントカバーも数種類置いているお店が多いので、チェックしてみて下さい。見た目で可愛らしいのはウサギなど動物の形をしたコンセントカバーですが、赤ちゃんでもすぐに取り外せてしまう可能性があります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.