子育て情報『自宅でイルミネーションの飾り付け!飾るポイントとおすすめの飾り』

自宅でイルミネーションの飾り付け!飾るポイントとおすすめの飾り

2017年11月9日 07:04
 

クリスマスが近くなってきたら、家の中だけでなく庭もイルミネーションを飾って楽しみたいと考えている方もいるでしょう。「今年こそは」と挑戦してみたいと思う方は、イルミネーションの基礎知識を身に付け、万全な準備で飾り付けに取り組んでみましょう。

自宅でイルミネーションがしたい!

目次

・自宅でイルミネーションがしたい!
・【場所別】おすすめの飾り付け
・おすすめのイルミネーションで使う飾り付け
・まとめ
498373960


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


自宅の庭を使ってイルミネーションを楽しみたいと考えているなら、まず確認しておきたいことがあります。飾る場所と電気配線をチェックしておきましょう。

飾れる場所
狭いスペースでも楽しめて、道行く人にも見てもらえる場所を選びたい方は、玄関にイルミネーションを飾りましょう。2~3種類の電飾でも充実した雰囲気となるため、初心者におすすめです。

庭木を植えているなら、木に巻き付ける方法もあります。コニファー(針葉樹)に電飾を巻き付ければ、まるでクリスマスツリーのようです。

庭のスペースがないという家庭では、窓を使った飾りつけや、ベランダを活用する方法がおすすめです。これらは一戸建て以外にも、マンションでも活用できます。庭にイルミネーションを設置する方法は、自分の家のリビングから見て楽しみたい方におすすめです。

電気配線には注意が必要
屋外に設置するイルミネーションは、雨や雪に濡れる可能性があります。そのため電気配線は防雨対策のものを選んでください。延長コードや分配コードを購入する際にも、雨に濡れても漏電しないタイプを選びましょう。

イルミネーションを複数設置する場合は、コンセント部分からタコ足配線にならないよう注意してください。屋外のコンセントはあっても1つ、多い場合でも2個まででしょう。

複数のイルミネーションを設置する場合はどうしても1つのコンセントから分配しなければなりません。タコ足配線は火災の恐れがありますから、心配な場合は専門家に相談すると安心です。

【場所別】おすすめの飾り付け

531470639


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


屋外用のイルミネーションは、さまざまな場所に設置して楽しむことができます。それぞれの場所ごとのメリットを確認しておきましょう。

玄関
玄関ドア周りにはクリスマスツリーを置き、ツリーやトナカイなどの形をしたモチーフライトを飾ってみましょう。小物類はテーブルやスタンドを設置すると、高さが出てメリハリがつきます。

天井から下げる電飾は、園芸用支柱に巻き付けてから、天井にフックを付けて取り付けると簡単です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.