子育て情報『赤ちゃんができたら考える保険。学資保険や生命保険などそれぞれの違いは?』

赤ちゃんができたら考える保険。学資保険や生命保険などそれぞれの違いは?

2017年12月26日 18:32
 

生命保険について、きちんと考えるタイミングは人それぞれ。……だとは思いますが、やはり子どもが生まれると、どうしても真剣に考え始めるのではないでしょうか。でも、「慌てて入ったけど、よくよく考えたらウチには必要ない保障がいっぱいついていた」なんて後悔する可能性もなきにしもあらず。多角的にしっかりと検討して選びたいものです。

赤ちゃんができたら考えるべき、家族の資金計画

目次

・赤ちゃんができたら考えるべき、家族の資金計画
・保険の種類について
・親に万が一のことが起きた時の保障について
・ライフプランシートを作成してみよう
・まとめ
596085384


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


最近は妊娠がわかった段階から学資保険を考える人も多いようです。独身時代は「保険なんて必要ない」と思っていた人も、妊娠をきっかけに考え方が180度変わり「もしものために」を考え、とりあえず自分自身の生命保険だけでも入っておこうと、すぐさま保険に入ったなんてケースもあるでしょう。決して安くはない金額を「保険」に預けていくので、きちんと選びたいものですね。

教育費の準備はどうすればいい?
学資保険のいちばんの目的は教育費、主に大学進学のための費用を貯めることです。しかし、子どもを育てるにあたって、必要なのは学費だけではありません。日々の生活費や学校生活にかかる様々な学用品や備品、習い事もあります。もちろんレジャーにかかるお金も、子どもの分が追加され、住む家も広さが必要になってきます。

その上で、教育費のことを今一度おさらいしてみましょう。現在、一般的に大学進進学の際には、私立であれば200~300万円程度必要といわれています(入学金と1年目の学費などを含む)。そのため、満期は18歳のものが多く、0歳で加入することで、大学進学前の高校3年の時点で受け取ることができます。満期金額は200~300万円に設定されているものが多く、0歳から加入すれば、月に約1~2万円の払い込みで済むので、早いうちに加入するほうが月々の負担は少なく済みますね。

●東京私大教連ホームページ「私立大学新入生の家計負担調査 2006年度 P9」
http://tfpu.or.jp/wp-content/uploads/2017/05/2016kakeihutan-essence20170405.pdf

保険の種類について

817348278
Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


「自分や夫に万が一のことがあったら……!?」考えたくはないことですが、子どもがいる以上、万が一に備えて、資金を準備するのが親のつとめです。まずは、保険の種類について見ていきましょう。

生命保険と医療保険の違い
生命保険は医療保険や学資保険などの総称として、保険会社の別名として呼ばれることもあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.