子育て情報『室内干しにおすすめのアイテムは?雨でも洗濯物が乾く干し方を紹介』

室内干しにおすすめのアイテムは?雨でも洗濯物が乾く干し方を紹介

2018年1月2日 13:45
 

雨が降っている日や、気温が低い冬などは、洗濯物を室内干ししなければなりません。しかし、部屋に洗濯物を干すと生乾きのニオイや、洗濯物の干し場所がないなど、デメリットも多くあります。部屋干しで悩んでいる人が覚えておきたい対策と、おすすめ洗濯物干しを紹介します。

室内干しのデメリットは?

目次

・室内干しのデメリットは?
・室内干しでも洗濯物を乾かす方法
・雨でも洗濯が楽しくなる室内専用物干し竿
・まとめ
627469638


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


洗濯物の室内干しにはさまざまなデメリットがあります。室内干しをしている方は、次のような問題を抱えているようです。

洗濯物が乾かない
室内干しは洗濯物がなかなか乾かないデメリットがあります。梅雨の時期は湿度が高くなり、洗濯物の水分が蒸発できません。冬のように室温が低くなる時期は、空気が水分を抱え込む量が少なくなるため、同じように洗濯物は乾きにくくなります。これらの時期に室内干しをすると、1日で洗濯物が乾かず毎日出る洗濯物で、量が増えてさらに乾かなくなってしまうのです。

生乾きの臭いがする
洗濯物が長時間濡れたままだと雑菌が繁殖するため、生乾きの臭いが気になるでしょう。きちんと洗濯物を洗ったようでも、皮脂や汗の汚れが残ると、臭いの原因となります。冬はとくに水温も低くなるため、皮脂が溶けず汚れが落ちません。

室内の場所を取る
室内干しをする際には、ある程度のスペースが必要です。子育て家庭でも1畳くらいのスペースは必要でしょう。洗面所や浴室に干すスペースがあったとしても、梅雨や冬のように洗濯物が乾かない時期だと、洗濯物が乾かないため新たなスペースの確保が必要となります。洗濯物がなかなか乾かず、カーテンレールに洗濯物を掛けている家庭もあるでしょう。

室内干しでも洗濯物を乾かす方法

463016165


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


洗濯物を室内干しする場合は、早く乾かす工夫が必要です。洗濯物がもともと乾きにくい環境があるのですから、それらを取り除く工夫をしてみましょう。

洗濯物の間隔を空ける
洗濯物と洗濯物の間にスペースを取るようにしましょう。間に空気が入ると、空気の流れがよくなり、洗濯物がはやく乾きます。ハンガーの間隔は最低でも10cmは空けたいものです。目安はこぶし1個分で、洗濯物と洗濯物がくっつかないようにします。それ以上洗濯物を干す場合は、間隔を狭めるのではなく、新たな洗濯物スペースの確保が必要です。

エアコン、扇風機を利用
洗濯物に直接風を当てると、水分が蒸発しやすくなり、洗濯物が乾きやすくなります。扇風機を使う目的は洗濯物の水分を飛ばすのではなく、間に溜まった空気を移動するためです。そのため扇風機の風は強くなくてもよく、弱でも十分効果が期待できます。扇風機は下から上に向かって当てるようにすると、下に溜まっていた水分が上にあがります。

エアコンの前に洗濯物を干すという対策もあります。新しいエアコンでは、部屋干しモードなどが付いているため活用してみましょう。エアコンの風が直接当たるよう設置できる、専用の物干し竿も売られています。

脱水を繰り返す
洗濯物を部屋干しするなら、しっかりと脱水をするだけでも、乾きが良くなります。普段は1度の脱水だったところを、2度に増やしましょう。これで水分がしっかりと切ることができて、部屋干しのトラブルを防ぐことができます。洗濯機に部屋干しモードが付いている場合は活用しましょう。送風機能が付いた洗濯機では、風で洗濯物をある程度まで乾かしてくれるため、部屋干しの時間短縮となり便利です。

雨でも洗濯が楽しくなる室内専用物干し竿

596355544


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


部屋干しはどの家庭でも必要なので、洗濯物を干す作業が楽しくなる道具を用意してみましょうインターネットでも、安価で便利な物干し竿が売られています。

大容量の室内物干し
家族が多く所定の物干し場所だけでは収まらないなら、「万能室内物干し」なら大容量です。約30kgまで耐えられるため、子どもがいて洗濯物が多い家庭におすすめです。

ファミリーに嬉しい、大容量の洗濯物が干せる「組み立ていらずたっぷり物干し」。部屋や洗濯物の量に合わせて形状が変えられるので、とても便利です。

突っ張り物干し
洗面所に物干し竿を設置するなら、突っ張りタイプが便利です。「浴室用ステンレス超強力収縮棒」なら、最大55kgまで耐えられます。

一人暮らしの家庭や、狭い場所に設置するなら、天井に直接金具を取り付ける「ホスクリーン」や、ロープを引きだせる「Pid」も便利です。窓枠に取り付けられる物干し
カーテンレールに洗濯物を干している家庭では、「soraie(ソライエ)室内干し」が便利です。シンプルな形状でインテリアを損ないません。窓際に大容量の洗濯物を干したいなら、「2段タイプ窓枠物干し」もおすすめです。

まとめ

室内干しはどの家庭でもする機会がありますから、部屋干し臭を防ぐ工夫をしましょう。間隔をあけて空気を通すことが重要となるため、スペースがなければ別途洗濯物干しを買うことをおすすめします。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.