子育て情報『赤ちゃんの便秘で困ったら綿棒浣腸はいかが?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.26】』

2017年12月29日 19:00

赤ちゃんの便秘で困ったら綿棒浣腸はいかが?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.26】

赤ちゃんだって便秘をします。便やガスでお腹が張れば、気持ちが悪いのは赤ちゃんも大人も同じ。今回は、赤ちゃんの便秘対策として、「お腹のマッサージ」「綿棒浣腸」のやり方をご紹介します。

記事の著者

目次

・あなたの赤ちゃんは快便ですか?
・お腹のマッサージとは?
・綿棒浣腸とは?
・うちの娘も便秘がちでした


のんびり子育て中のママ女医 HAL先生

内科医。大学病院研修中にうつ病を発症し、数年間療養生活を経て復帰。その後、病気の間支えてくれた医者の夫と結婚し、娘を出産。現在は田舎で夫、3歳の娘と暮らす。自身の出産・育児の日々をもとに、医学的なエビデンスを交えて育児情報・ニュースなどをブログで発信。またTwitterでは、娘との会話や、ほっこりあたたまる育児エピソードも紹介し、注目を集めている。

http://halproject01.blogspot.jp/

https://twitter.com/halproject00

あなたの赤ちゃんは快便ですか?

479762696


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


と言っても、赤ちゃんの便は個人差があります。1日に何回もする子もいれば、2〜3日に1回の子も。新生児期などは、授乳の度に排便をする子も珍しくありません。また、離乳食が始まると、食物繊維が増える&水分摂取が減る&腸内細菌が変わる影響で便秘がちになる子も少なくありません。
数日に1回でも苦しくなく、楽に排便できているようであれば問題ありません。しかし、どうも便の出が悪くて苦しそう、便が硬い、おっぱいの飲みがよくないし吐いちゃう……と思った時は、それは便秘かもしれません。

便秘の原因は色々あります。水分が足りない(母乳や水を飲む量が少ない)、便の元になる食べ物が少ない(母乳や離乳食の量が少ない)、腹圧が足りない(これは成長と共に改善する部分でもあります)……などなどいろいろな原因が合わさって起こっている事が多いです。実はミルクアレルギーや他の消化管の病気が潜んでいることもあります。

ですので、便秘で悩んだ時は、まずはかかりつけの小児科に相談して欲しいと思います。その上で、原因などから対処法を教わるのが、一番の便秘対策になります。今回は、その際に教わる事も多い、お腹のマッサージと綿棒浣腸のお話をしようと思います。

お腹のマッサージとは?

515865571


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


赤ちゃんのお腹を「の」の字にマッサージするというものです。「の」の字にするのは、腸の流れに添うように……というイメージです。が、「の」の字が重要なのではなく、大切なのはマッサージ自体です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.