子育て情報『学資保険は返戻率で決めてはダメ?返戻率の仕組みを知って賢く選ぼう』

2018年1月31日 16:18

学資保険は返戻率で決めてはダメ?返戻率の仕組みを知って賢く選ぼう

学資保険を決める際には、きちんと情報を先に読んで納得してから契約することをおすすめします。

返戻率を上げる支払い方はどれがベスト?

624490712


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


同じ保険商品でも、保険料の払い込み方によって返戻率が異なります。返戻率を上げるためには、どのような支払い方法が一番適しているのでしょうか?それぞれのメリット・デメリットを確認してみましょう。

月払い/年払い
月々の保険料の支払い方法で最も多く選択されているのが月払いです。毎月口座から保険料が自動で引き落としになるパターンが主流です。1年分を一括で支払う方法もあります。

年払いは月払いに比べて保険料が少しお得になるケースが一般的です。デメリットとしては、契約者に万が一のことがあった場合に、保険料の支払いが今後免除になるという払込免除特約が翌年分からになるという点です。

また、年払いを考えている場合は、支払い月をある程度計算して加入しなければ、他の保険の支払いなどと重なるとまとまったお金が必要になり、毎年その時期は家計が苦しくなってしまうという可能性もあります。

全期前納
「全期前納」は保険料をすべて先に納めてしまい、保険会社に保険料のすべてを預けることを指します。保険会社は預けられたお金を保管し、毎年預かり金から保険料を受け取ったという処理を行います。契約者から見ると、手元からすべての保険料を渡した形になるので、一見すべて「支払った」ように感じられますが、これは一旦「預けた」だけであり、支払ったわけではないというのが、全期前納です。

手元からお金は離れますが、毎年保険料を納めているのと同じことになるため、毎年生命保険料控除を受けることができます。また、契約者に万が一のことがあった場合に、保険料の支払いが以後免除になるという払込免除特約が有効で、前納した内で、まだ保険料として充当されていなかった分がある場合には返金される点も特徴です。途中解約の際は、解約返戻金と未経過の払込期間分の保険料も返金されます。一時払い
一時払いは、前期全納のように保険会社に保険料を預けるのではなく、すべての保険料を先に「支払って」しまうことを指します。保険料の割引率が高い点が特徴で、結果的に返戻率を上げることができます。

ただしデメリットとして、すべての保険料を払い込んでいるため、契約者に万が一のことがあっても払込免除特約は該当しません。また、途中解約した場合も解約返戻金は戻ってきますが、それ以外の保険料が返金されることはありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.