子育て情報『妊婦さん向けエアロビクス「マタニティビクス」について詳しく解説!』

妊婦さん向けエアロビクス「マタニティビクス」について詳しく解説!

2018年3月29日 12:06
 

妊娠すると体型はもちろん、体重増加や気分的なもの、食の嗜好など人によって変化やストレスはそれぞれ。負荷を軽減しマタニティライフをよい状態ですごすために適度な運動を取り入れてみるのはいかがでしょう。今回は妊婦のためのエアロビクスでおなじみの「マタニティビクス」についてご紹介します。

妊婦さんも始められるエアロビクスって?

関連リンク

・世界のパパの育児への関わり方はどう違う?
・日本での子育てに不安はある?
・祖国と日本のしつけに違いを感じる?
465436071


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


赤ちゃんを授かると、体型の変化や身体の重み、さらにつわりなど今まで経験のしたことのない負担が自分の身体にかかってきます。体調がすぐれなかったり、不安が募るなど引きこもりになりがちですが、これから迎える出産に向けて、ストレスをフリーにし、体力をつけてみませんか。エアロビクスを妊婦さんでもできるようにアレンジされた「マタニティビクス」を始めましょう!

マタニティビクスとは?
音楽のリズムに合わせてダンスをしながら体を鍛える、競技性の高いエアロビクスの妊婦バージョン「マタニティビクス」が誕生したのは約30年前。マタニティビクスには競技性がありませんが、身重な妊婦が運動をするという行為は、当時妊婦はもちろん、医療関係者たちの間でも受け入れてもらえなかったようです。

1980前半、超音波装置の進歩により、運動が妊婦の身体に与える影響は無関係であることが証明されてから、徐々にマタニティビクス人口が増加。運動を行った妊婦と運動をしない妊婦のデータも集積され、今や「マタニティビクス」という言葉は一般的に知られるようになりました。

妊娠中にマタニティビクスを行うと、体力低下や体型の崩れが気になる産後もトレーニングを続けるママが増えています。子育てをしながら、自分の身体やメンタルのことを考え、定期的なリフレッシュをしてママライフを楽しんでいるようですね。

●一般社団法人 日本マタニティフィットネス協会「安心と安全のマタニティフィットネス」
http://www.j-m-f-a.jp/mama/about/safety/

マタニティビクスの効果
妊娠してつわりが収まると、食欲が出てくる妊婦もいるでしょう。「お腹の赤ちゃんの分も……」とご飯が美味しく感じる妊娠期間中こそ、マタニティビクスでバランスを整えたいものです。身体を動かさずにいると、筋力は弱まり、身体が硬くなっていきます。血流が悪くなると代謝が下がるので、摂取したカロリーを消費しくくなる分、体重増加の要因に。体重をしっかりと自己管理するためにも、運動不足にならないように心がけが大切です。

お腹に負担がかからないようなストレッチやエクササイズで、出産に向けて体力アップを目指しましょう。

●一般社団法人 日本マタニティフィットネス協会「妊娠中のママのためのメニュー」
http://www.j-m-f-a.jp/mama/fitness/pregnant/maternitybics/

気になるマタニティビクスの注意点

842459892


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


まずは医師と相談しよう
マタニティビクスを始める前、そして行っている間もつねに自分の身体の状態と向き合うことが大切です。始める前は主治医に相談をするとよいでしょう。週数が進んでいくなかで、気になることや異常を感じたら、主治医に伺ってみるなど、しっかり自己管理をしていきたいものです。

・切迫早産や切迫流産の疑いや、前置胎盤、子宮頚管無力症、妊娠高血圧症候群と診断された
・いつもより疲れやすい、また疲れが取れにくい
・体調がすぐれない
・寝不足
・お腹がはりやすい

など、妊娠による症状が表れたときはマタニティビクスを控えましょう。

ジムに通う場合は、なるべく自宅から近い場所をおすすめします。もしもの場合に対応できるように、環境を整えておくのも大事なママの務めです。

いつから始められる?
妊娠13週に入ったころから始められ、出産直前までできるようなプログラムとなっているようです。もちろん、妊娠の経過を見ながら、体調や気分に合わせて行うよう自己管理もしっかりしていきましょう。

自宅で始められる?
マタニティビクスは自宅でも始められるスポーツです。自宅で行う場合、動きやすい服装とスペースを確保してください。滑って転ばないように、足元にも注意を。インターネットにアップされている動画やDVDを見ながら自分のすきなときに、体調に合わせて行えるのがメリットと言えるでしょう。

ジムや教室に通って行う場合は、インストラクターのリードにより、メニューにそってトレーニングを行うことができます。決まった曜日や時間なので、スケジュールに入れていきやすいかもしれません。また、状態を見ながらプログラムをすすめていくので、安心して臨めます。そして何よりも妊婦仲間がたくさんいます。週数が近い人もいれば、先輩とも言える週数の人もいるので、貴重な情報交換の場となるでしょう。やがて「ママ友」となる出会いがあるかもしれません。

1人で行う自宅と、プロや仲間がいるジム。それぞれのメリットを考慮した上で、自分に合う環境を選べるとよいですね。

マタニティビクスに必要なもの

610682472


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


気分が上がるシューズ
ジムやスタジオ、教室ではシューズを履いてトレーニングを行います。

シューズはエアロビクスやフィットネスシューズを選ぶとよいでしょう。軽量で、動きやすいように360度全体的に柔らかいのが特徴です。またクッション性が高いと、衝撃を受けにくいため、ひざや腰などへの負担が軽減するように作られています。足首まであるものも多くバランスが取りやすい、さらに、滑りにくくできているので、転倒防止のためにもエアロビクスシューズはおすすめです。

試着して自分の足に合うもの、好きなデザインや色を選んで気分を上げられるシューズの用意もお忘れなく!

動きやすいウェア
動きやすければ、どんなものでもOK。マタニティ用のTシャツやチュニック、レギンスなど、お腹を覆うものや足首まである長さのものが良いでしょう。ソックスも足首まであるものを。

運動をして汗をかくとは言え、冷えは妊婦にとって大敵です。身体を冷やさないような服装を選んでください。スポーツ用の大きめなウェアを代用してもよいですね。

アプリで体調管理
妊娠の週数や月数を入力すると、赤ちゃんの育ち具合やママの身体の変化にそって、必要な情報や最適なアドバイスなどを配信してくれるアプリを利用している方もいるようです。

出産までの記録を取っておきたい方などにおすすめです。先輩ママの体験談なども発信しているアプリもあるので、イメージができて安心という声も多いようです。

〈ninaru [ニナル]〉

●App Store
https://itunes.apple.com/jp/app/ninaru-ren-shen-chu-chanmade/id1001404840?mt=8
●Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.eversense.ninaru&hl=ja

〈妊婦手帳〉

●App Store
https://itunes.apple.com/jp/app/ren-shen-chu-chanwo-xueberuapuri/id732696666?mt=8

●Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.hakuhodody.media.nimputecho&hl=ja

まとめ

531060438


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


運動不足を解消し、マタニティライフを快適にするために多くの妊婦がやっている「マタニティビクス」のメリットを体感し始めてみませんか。

身体を動かし、体力がついていくと出産への自信もついてきます。自身の体調や主治医と相談をしながら、気持ちの良い環境づくりをしていきましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.