子育て情報『幼稚園・保育園の通園におすすめのレイングッズやレインコートは?』

2018年9月29日 08:41

幼稚園・保育園の通園におすすめのレイングッズやレインコートは?

幼稚園や保育園に通うようになると、雨の日の送迎はひと苦労。子どもが濡れないように、風邪をひかせないように気を遣いますよね。雨の日でも、子どももママも快適に過ごせるレイングッズにはどのようなものがあるのでしょうか。選び方やおすすめグッズについてもご紹介します。

※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

子供用レイングッズの種類は?

目次

・子供用レイングッズの種類は?
・幼稚園・保育園用のレインコートの選び方
・キッズにおすすめ!おしゃれなレインコートは?
・まとめ
941144552


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


雨の日のために子どもに用意したいグッズとしては、傘、レインコート、長靴、ナップザックなどが挙げられます。ここでは、それぞれのレイングッズの特徴について説明します。

子供用の傘
雨の日に必要なものといったら、傘を思い浮かべる人も多いのでしょうか。でも3歳位までは、両手で傘を持ち、傘のバランスを取って歩くのはなかなか難しいものです。

傘を持ちにくいと言っても、3歳くらいになると、自分でいろいろとやりたいと思い始めます。その気持ちを大事にするために安全な傘を用意して、チャレンジさせてあげるのもいいですね。身長や身体の大きさにもよりますが、3~4歳は親骨の長さが45cm、5~6歳は親骨の長さ50㎝を目安に選んであげましょう。傘の一部分が透明なものにすると、前が見えやすいですよ。

レインコート
まだ傘を上手に持てない2~3歳は、傘をさして歩いていても、背中や下半身が雨でびっしょり濡れてしまう……ということも。特に男の子の場合、振り回して遊んでしまうこともあるので、ケガが心配ですよね。そんな傘をうまく使えない子どもには、傘よりもキッズ用レインコートがおすすめです。

キッズレインコートは、上下が一体になっているロンパースタイプ、ジャケットタイプ、ポンチョタイプがあります。ロンパースタイプは、フードがあり、頭から足首までしっかり隠れるため、自転車での送迎や、雨の日のお散歩にもぴったり。ジャケットタイプは、ひざ上くらいまでが隠れる羽織るタイプのレインコート。ポンチョは、フードはあるけれど袖がなく、首からスポッと上からかぶるだけで着られる丸い雨具です。急な雨でもサッと出して着用できるので便利です。

そのほか、ジャケットとパンツが分かれる上下セットのレインスーツといったものもあります。子供用長靴
傘、レインコートとともに、長靴も用意しておきたいレイングッズ。かわいいカラーのものから、人気のキャラクター、車やお花などの柄のものまで、さまざまな長靴が販売されています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.