子育て情報『ベビーチェアの種類と選び方!おすすめの人気チェアも紹介』

ベビーチェアの種類と選び方!おすすめの人気チェアも紹介

2018年10月11日 07:57
 

子どもがお座りできるようになると、ベビーチェアの用意を考えるママも多いのではないでしょうか。どのような種類なら我が家に合うか、何を基準に選べばよいか気になりますよね。ベビーチェアの購入前に確認したい、種類や選ぶポイント、人気のチェアについてご紹介します。

※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

ひとつは欲しい!ベビーチェア

目次

・ひとつは欲しい!ベビーチェア
・ベビーチェアの種類
・ベビーチェアを選ぶ際のポイント
・おすすめ!人気ベビーチェア5選
・まとめ
489808579


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


ベビーチェアとは
一般的にベビーチェアは、小さな赤ちゃん一人でも座りやすい、高さや安全面に配慮された椅子のことをさします。大人用の椅子に赤ちゃんが座っても、高さが合わなかったり転倒してしまう場合もありますよね。赤ちゃんの体を支えてくれるベビーチェアがあれば、育児を手助けしてくれるようです。

ベビーチェアはいつから必要?
購入のタイミングは人それぞれですが、離乳食を始めたり、赤ちゃんがお座りできる時期に用意するご家庭が多いようです。生後5カ月~生後7カ月ごろになったら、ベビーチェアがあると何かと便利かもしれません。自分で座って絵本を読んだり机に向かって遊ぶ用のベビーチェアは、1歳過ぎてから検討してもよいでしょう。

ベビーチェアの種類

497032494


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


ロータイプ
座面が床から近い椅子が、ロータイプのベビーチェアです。食事をローテーブルで食べる場合や、和室で使いたいときはロータイプの方が使いやすいかと思います。一人座りがまだ安定しない時期などは、ロータイプの方が安心して使えるかもしれませんね。幼児期近くになると、椅子に座って絵本を読んだりする場合もあるでしょう。赤ちゃんが自分一人でも座れるよう、ロータイプのベビーチェアを用意しているママもいるようです。

ハイタイプ
座面が床から高い位置にある椅子がハイタイプのベビーチェアです。外食先で見かけた経験のあるママもいるのではないでしょうか。ダイニングテーブルで食事をしているなら、赤ちゃんが同じ目線になれるハイタイプがおすすめ。赤ちゃんの成長に合わせ、座面や足置き場の位置を細かく調整できる商品が多いようです。大人も座れるベビーチェアもあるので、何歳まで使うか具体的に考えてみてもよいでしょう。

テーブル付き
食事中にみんなが使ってるテーブルを蹴ってしまったり、食器や食べ物をひっくり返してしまう場合もありますよね。食べこぼしがひどく、後片付けに苦労しているママも多いでしょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.